第一サムエル25章ーー賢明な人と愚か者の違い

この箇所で、たくさんのことが学べると思います。例えば、大きい罪だけではなくて、小さい罪を許すべきです。(ちょっと驚くことだけど、どうして、サウルがダビデを殺したかったのに、ダビデは彼を許したけど、ただダビデを侮辱する人を許せなかったでしょうか。)

また、どうやって、相手の怒りを扱うこと。(つまり、アビガイルの柔らかな言葉と如才ない態度。あなたはアビガイルがダビデに願った時に、石投げの比喩を使ったことを気づいたでしょうか。)

でも、一番印象残っていることはダビデとナバルの違いの事です。ダビデとその民は、ずっとナバルの民を守ったから、祝いの日のために食べ物とか願った。でも、ナバルは、それを聞いて、拒絶した。ナバルのしもべたちは、ナバルの気を変えようとしたけど、ナバルがそのアドバイスを無視した。

だから、そのしもべたちはアビガイルのところに行って、言いました。

わざわいが私たちの主人と、その一家に及ぶことは、もう、はっきりしています。ご主人はよこしまな者ですから、だれも話したがらないのです。(17)

アビガイルは、それを聞くと、彼らにダビデとその民のために、いろんな食べ物とワインを準備してくださいと頼みました。そして、ダビデに会いに行った。

アビガイルがダビデの許しのために頼んだら、ダビデは聞いて、怒りを離して、アビガイルに言った。

安心して、あなたの家へ上って行きなさい。ご覧なさい。私はあなたの言うことを聞き、あなたの願いを受け入れた。(35)

もちろん、賢明な人と愚か者と、いろんな違いがあるけど、一つは、賢明な人は相手のことを聞くけど、愚か者は聞かない。特に、賢明な人は叱責を聞く。愚か者は全然聞かないから、結局苦しむ。

ダビデは、いつも叱責を聞いたから、神様が彼を祝福した。ナバルはしなかったから、苦しんだ。

あなたはどのような人でしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中