詩篇57篇 – 礼拝するのを選ぶこと

この詩篇を読むと、試練の中でダビデの態度が素晴らしいと思う。サウルから逃げたり、恐れたりしても、ダビデは礼拝することを選びました。

ダビデは歌った。

7 神よ。私の心はゆるぎません。私の心はゆるぎません。私は歌い、ほめ歌を歌いましょう。

8 私のたましいよ。目をさませ。十弦の琴よ。立琴よ。目をさませ。私は暁を呼びさましたい。

9 主よ。私は国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。

10 あなたの恵みは大きく、天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及ぶからです。

11 神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。

この言葉を読むと、なんだか、私の心の中で響きます。

私は歌います!ほめ歌を歌いましょう

私の魂、目を覚ませ

十弦の琴よ。立琴よ。目をさませ

あなたに感謝します

国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌います

あなたの恵み、あなたの愛は大きくて素晴らしい

あなたがあがめられるように!

私はこの言葉を読んで、ダビデが熱心に歌ったと想像します。彼の大変な状況にかかわらず、ダビデは神様を礼拝することを意図的に選ぶようです。意図的に、ダビデに対する神様の慈しみを思い出すことを努力するようです。

でも、私たちはよく、「今、礼拝する気がないです。今、別に、その気持ちがないです。」と思います。

でも、ダビデが、自分自身に神様を礼拝することを励ましたように、私たちも、そうするべきです。礼拝する気があっても、なくても、礼拝するべきです。どうしてでしょうか。

もっと最近の詩篇は、このように、答えます。

あなたの栄光と光を見て、
あなたと比べると、この世界のもの、また、この世界のトラブルが見劣りする。

また、ほかの歌が言ったように、

あなたの光で、周りの物はただ影になる。

つまり、この世界の中に、私たちが、がっかりさせられることがたくさんあっても、光であるイエス様と比べると、その事はただ影です。そして、私たちがイエス様に焦点を当てたら、私たちのトラブルはずっと見劣りします。

どうしてでしょうか。イエス様に焦点を当てると、イエス様が私たちの問題より大きいことが分かるし、私たちの人生についての考え方は正しくなる。

だから、あなたの人生が辛い時にも、礼拝することを選んでください。そして、イエス様に焦点を当てると、あなたのなくなりそうな平和と喜びが戻ります。

その時、ダビデのように、あなたは言える。

私の心はゆるぎません。私の心はゆるぎません。(7)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中