第一サムエル記24章ーー神様は本当にそう言っただろうか。

私たちは神様の声を聞くことが難しいとよく思います。神様はいろんな方法で私たちに話して、導きます。時々、人々のアドバイスを通して、私たちに話します。 時々、私たちの状況を通して、神様は私たちに話します。つまり、良い機会を与えてくださる。例えば、偶然、私は友達の話を聞いた。私は彼が仕事を辞めて、オーストラリアに引っ越すことを聞いて、神様が、「良い機会だよ。面接を受けて見たら、どうですか。」と言った。だから、私は新しい仕事ができた。

時々、ポッドキャストか本を通して神様が私たちに話します。時々、神様は自分の思いを私たちの心に入れる。

でも、主に、神様は聖書を通して、私たちに話します。だから、もし、あなたが、神様がほかの方法で、あなたに話すと思うなら、いつも、そのメッセージを聖書によって確認してください。なぜなら、神様のメッセージは聖書の言葉と矛盾しないから。もし、あなたが聞いたメッセージが神様の言葉と矛盾するなら、そのメッセージは神様からじゃないです。

この箇所で、ダビデは、そのような状態に直面した。ダビデとその民は、洞穴で、恐れて隠れていました。そして、彼らは、サウルとその民が洞穴の外にいることを見て、多分、「やばい。もう、だめだ。私たちは死ぬ。どうしよう?」と思いました。

でも、サウルだけが、その洞穴に近づいた。そして、サウルが用を足して、多分ダビデとその民がびっくりして、ちょっと笑ったと思う。

でも、それを見ながら、ダビデの民は言った。

今こそ、があなたに、「見よ。わたしはあなたの敵をあなたの手に渡す。彼をあなたのよいと思うようにせよ」と言われた、その時です。(4)

ダビデの民は、いったい何を言っていたでしょうか。神様はダビデに本当にそう言ったでしょうか。聖書にはそんな言葉はありません。ダビデの民は、サムエルのダビデが王になる予言を聞いて、ダビデがサウルを殺しても良いと考えたかもしれない。

もしくは、ダビデの民が言ったのは、「この状態を通して、神様は「サウルをあなたの良いと思うようにしなさい」と言っています。」ということです。

つまり、「これは神様からの機会です。殺したらどうですか。」

ダビデは、その一瞬に何を考えたでしょうか。

「そうですね。これはきっと神様からの機会です。サウルが知らずに私に近づいた。この大変な状態を終わらせる。」と思ったかもしれない。

だから、ダビデは静かにサウルに近づいた。でも、そうしながら、ダビデの心が痛み始めた。だから、サウルを殺さずに、ダビデは、サウルの上着の裾をこっそり切り取った。それでも、ダビデの心を痛めた。

ダビデは民に戻って言った。

私が、主に逆らって、に油そそがれた方、私の主君に対して、そのようなことをして、手を下すなど、の前に絶対にできないことだ。彼はに油そそがれた方だから。(6)

だから、ダビデはサウルを殺さなかった。

神様は状況を通して、サウルを殺すように、ダビデを導いていたようでした。ダビデの民はそう思った。「神様からの機会ですよ。」と言った。

でも、ダビデは拒絶した。どうしてでしょうか。その行動は神様の命令に反対したから。実は二つの命令に反対した。一つ目は、「殺してはならない」ということです。二つ目は、サウルが主に注がれた王だから、ダビデが彼に尊敬するべきであることです。

どれぐらい、私たちは自分の意見と神様の心を間違えるでしょうか。 どれぐらい、私たちの状況を見て、神様が私たちに何かして欲しいと思うけど、間違うでしょうか。

どうして、私たちは、そのようなミスをするでしょうか。なぜなら、私たちは聖書で神様がもう言った言葉を知らないから。

神様の心を知りたいでしょうか。神様があなたを導いていると思うでしょうか。聖書で、神様が、もう言った言葉と比べなくてはならない。もし、合ったら、その導きに従ってください。もし合わないと、それは神様の導きじゃないです。むしろ、あなたの感情だけです。また、誰かの意見だけです。また、その状況は偶然だけです。もしくは、神様は、あなたが神様の言葉に従うかどうか見たいかもしれない。

だから、ダビデのように、私たちは訊きましょう。「神様は本当にそう言っただろうか。」

また、パウロが言ったように、

すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい。(第一テサロニケ5:21)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中