第一サムエル記23章19-29;詩篇54ーーこの世界があなたに反対していると思う時

「すべての人々は私に反対している。」

それが多分本当じゃないけど、時々、私たちは、そう思う。ダビデは、多分そう思ったかもしれない。

ダビデがジフ人たちに何も悪いことをしなくても、彼らは、サウルに言った。

「ダビデは私たちのところに隠れているではありませんか。エシモンの南、ハキラの丘のホレシュにある要害に。王さま。今、あなたが下って行こうとお思いでしたら、下って来てください。私たちは彼を王の手に渡します。(19-20)

だからダビデはかなり厳しい状況にいました。ダビデは山の一方の側を進みながら、サウルは他の側を進んだ。そして、サウルがダビデを捕えようとしたその時、サウルの使者が来て、「急いで来てください。ペリシテ人が、イスラエルに突入してきた。私たちを守ってください。」と言った。

だから、サウル多分ダビデが視界にいたけれど、諦めて、ペリシテ人と戦うために行った。

その後で、ダビデは、この詩篇を書いた。彼は歌った。

1 神よ。御名によって、私をお救いください。あなたの権威によって、私を弁護してください。

2 神よ。私の祈りを聞いてください。私の口のことばに、耳を傾けてください。

3 見知らぬ者たちが、私に立ち向かい、横暴な者たちが私のいのちを求めます。彼らは自分の前に神を置いていないからです。セラ。(詩篇54:1-3)

つまり、「神様!助けてください。すべての人々は私に反対している。見知らぬ人でさえ私を殺そうとしているかのようです。」

しかし、ダビデはこれも書いた。

まことに、神は私を助ける方、主は私のいのちをささえる方です。(4)

多分、ダビデは、どれぐらいサウルが近かったか考えながら、その言葉を書いたかもしれない。だから、彼が分かったのは、「この世界が私に反対していることが見えても、神様は私に反対していない。神様は私の味方だし、私を捨てていない。」ということです。

そして、ダビデは歌った。

6 私は、進んでささげるささげ物をもって、あなたにいけにえをささげます。よ。いつくしみ深いあなたの御名に感謝します。

7 神は、すべての苦難から私を救い出し、私の目が私の敵をながめるようになったからです。

この世界があなたに反対していると思うでしょうか。パニックにならないでください。心配しないでください。むしろ、主に仰いでください。主は、あなたの命を支える方だから。そして、主があなたを救ったら、(必ず救いますよ)ダビデのように主の名を賛美することを忘れないでください。神様があなたのためにしたことを忘れないでください。なぜなら、以前あなたを助けた神様が、もう一度あなたを助けるから。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 詩篇, 諸書, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中