詩篇34篇ーー救いの歌

私は小学生の頃、学期の最終日に、夏休みがとても楽しみだったのを覚えています。

その時、私が昔の詩を暗唱したことを覚えています。

鉛筆は、もうないし、
教科書は、もうないし、
先生の怒っている顔は、もうない。

私はあまりにも嬉しくて、自分の歌詞を加えた。そして、階段に下りながら、私は、その詩を暗唱した。

多分、ダビデも、そのように感じた。(もちろん、彼の喜びは私のよりも大きかったけど。)ペリシテ人が彼を捕まえて、ダビデは「私は死ぬ」と思ったかもしれない。でも、彼は、狂っている人のように行動したから、その王はダビデがそんなに危険人物ではないと思ったから、解放した。

この詩篇で、ダビデの大喜びがよく見える。

1 私はあらゆる時に主をほめたたえる。私の口には、いつも、主への賛美がある。

2 私のたましいは主を誇る。貧しい者はそれを聞いて喜ぶ。

3 私とともに主をほめよ。共に、御名をあがめよう。

多分、ダビデは、何回も、この歌を歌ったと思う。他の試練に直面した時に、神様の慈しみを思い出すために、この歌を歌ったかもしれない。サウルから逃げ続けていた時にも、この歌を歌ったかもしれない。息子アブサロムがダビデの王国を取ろうとして、ダビデが逃げた時にも、この歌を歌ったかもしれない。

どれぐらい、ダビデはこの歌を歌ったでしょうか。どれぐらい、「神様は良い方です。神様は私を養う」と思い出すために、歌ったでしょうか。

特に、私はこの言葉が大好きです。

7 主の使いは主を恐れる者の回りに陣を張り、彼らを助け出される。

8 主のすばらしさを味わい、これを見つめよ。幸いなことよ。彼に身を避ける者は。

また、

18 主は心の打ち砕かれた者の近くにおられ、霊の砕かれた者を救われる。

19 正しい者の悩みは多い。しかし、主はそのすべてから彼を救い出される。

実は、この詩篇の全体が大好きです。歌った時に、ダビデはこう思い出した。

1.神様は私たちの叫びを聞く。(4-6,15,17)

2.私たちの試練の中に、神様はいつも私たちと共にいる。私たちは決して一人ぼっちじゃないです。(7,18)

3.神様は良い方です。(8)

4.神様は私たちのニーズを全て備える。(9-10)

5.大変な時でも、神様に背を向けない方がいいです。正しいことをし続けた方がいいです。(12-14)

6.もし、神様に信頼したら、すべては良くなる。(5,19-22)

試練の中にいる時、私たちは、この詩篇を思い出しましょう。何回も、この歌はダビデを助けたと思う。もし、ダビデのように神様を信じると、この歌は私たちも助けるでしょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, Uncategorized, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中