詩篇52編 ーー 私たちの言葉の裏に何がある事

「どうして、私はそれを言ったのだろうか。」

どれぐらい、私は振り返って、そう言うでしょうか。ヤコブが言ったように、私たちの舌は小さいけど、力強いです。命を与える力があります。つまり、励ますことができるし、人の徳を養うことができる。でも、私たちの舌は人を滅ぼすこともできる。

サウルの牧者たちの中の強者ドエグは自分の舌で、人々を滅ぼした。多分、サウルから報いを得るために、彼はサウルにノブの祭司たちがダビデを助けることを伝えた。それに、サウルの民がその祭司を殺すことを拒絶すると、ドエグはその祭司たちを殺した。

その事件の後で、ダビデは、この詩篇を書いた。その詩篇に、ダビデは、どれぐらい舌が悪くなるか書いた。

私たちの舌は自分の悪を誇る。(1)

私たちの舌は破滅を図るし、人々を欺く。(2)

真理を言わずに、嘘をつく。(3)

人々をごまかす。(4)

でも、舌の裏に心がある。ドエグの心はお金を信頼して、いつも、もっと欲しかった。だから、彼の言葉が誰かを滅ぼしても、気にしなかった。(7)

あなたはどうですか。あなたなの心の中で何が入っているでしょうか。イエス様は言った。

34 心に満ちていることを口が話すのです。

35 良い人は、良い倉から良い物を取り出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を取り出すものです。

36 わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。(マタイ12:34-36)

ダビデにとって、一番大切なのは、神様との関係ということです。それはダビデの心の中です。彼はお金とか信頼しなかった。むしろ、彼は言った。

私は、世々限りなく、神の恵みに拠り頼む。(詩篇52:8)

だから、ダビデの口から、人々を滅ぼす言葉ではなくて、人々を励ます言葉と神様に対しての賛美が出た。彼は歌った。

私は、とこしえまでも、あなたに感謝します。あなたが、こうしてくださったのですから。私はあなたの聖徒たちの前で、いつくしみ深いあなたの御名を待ち望みます。(9)

あなたの心から、どのような言葉が出るでしょか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中