第一サムエル21章1-9;22章6-23 – 嘘

私は嘘が嫌いです。

英語では、「白い嘘」という表現があります。それは「悪意がない嘘」という意味です。例えば、あなたの友達が「このドレスを買ったのよ、素敵でしょ?」と言ったとします。

実は、あなたはそのドレスが嫌いだけど、こう答える。「そうですね。素敵なドレスですね。」

それは「悪意がない嘘」です。

でも、私は悪意のない嘘も嫌いです。大体、私は嘘を避ける。

もちろん、真理が、その人を傷つけることを知っていたら、私は気を付ける。

「本当に酷いドレスね。なぜ、そのドレスを買ったの?」とは、絶対に言わない。

むしろ、「ああ、新しいドレスを買ったの?良かったねえ。」と答えるかもしれない。ちょっとあいまいな返事です。私にとっては、その意味は、「そのドレスは素敵です」ではなくて、「あなたが新しいドレスを買って嬉しいことは良かったです。」ということです。

できるだけ、嘘を避ける。

どうして、嘘を付くのが、そんなに悪いでしょうか。このダビデとサウルとノブの祭司の話を通して、二つの理由を学びます。

一つは、嘘を付く時に、相手を傷つけるつもりがないのに、私たちはよくする。多分、ダビデは、サウルがそのノブの祭司を殺すことを思わなかった。多分、ダビデはこう思った。「彼らは祭司たちです。サウルは彼らが私を助けてくれたことを知っても、彼らが、「ダビデがあなたから逃げていることを知らなかった」と説明したら、必ず信じるでしょう?」

でも、サウルは彼らを信じなかったから、彼らを殺した。ダビデは85人の祭司の死の責任があった。

私たちの嘘が何も悪い結果がないと思うかもしれないけど、意図しない結果が出るかもしれない。

何年か前、私はある会社で働いたけど、その会社がいろんな経済的な問題があって、結局倒産した。ある月、私の給料は遅れてきた。金曜日に来るはずでしたけど、月曜日に来た。私は金曜に銀行に行かなかったから、月曜日まで知らなかった。その日、学校で、説明する文書を読んだ。

とにかく、うちに帰ったら、私の妻は「仕事はどう?」と訊いた。その時、私は思った。「その給料のことを伝えましょうか。結局その給料が来たし、心配させたくないからね。」

でも、結局私は思った。「伝えた方がいいです。」

伝えた後で、私の妻は答えた。「そうそう!昨日、教会で、だれだれさんがそう言った。」

私の教会の友達も、その会社で働いていたから、「ブルースは大丈夫でしょうか。金曜日に会社が払ってくれなかった」と言った。

私の妻がそう言った時に、私は思った。「真理を言って良かった!」

その日、私が学んだのは、相手が真理を知らないと思っても、知っているかもしれないことです。そして、もし、私は真理を言わないと私たちの関係を傷つけるかもしれない。

もし、私が真理を言わなかったら、妻は何を思ったでしょうか。つまり、真理が出た時に、どう思ったでしょうか。

二つ目の理由は時々、私たちは自分自身の嘘を信じ始める。サウルは、その通りでした。サウルは、ダビデがサウルに反対する事とサウルを殺したいことを信じる理由がなかった。でも、サウルは他の人々に何回もそう言って、結局、彼もそう信じるようになった。そして、ヨナタンとそのノブの祭司たちが真理を伝えた時に、サウルはその心理を認めることができなかった。だから、サウルはその祭司たちを殺したし、ヨナタンも殺そうとした。

あなたは真理を言うでしょうか。いやな状態か大変な状態を逃げるために嘘を付くでしょうか。あなたの行動を正当化するために、自分自身と他の人々に嘘を付くでしょうか。小さい嘘でも、あなたと他の人々を傷つくかもしれない。

パウロはこう書いた。

9 互いに偽りを言ってはいけません。あなたがたは、古い人をその行いといっしょに脱ぎ捨てて、

10 新しい人を着たのです。新しい人は、造り主のかたちに似せられてますます新しくされ、真の知識に至るのです。(コロサイ3:9-10)

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中