第一サムエル記20章 ーー 無償の愛

聖書の中で、ダビデに対するヨナタンの愛は多分一番素晴らしい例です。第一コリント13章で、「愛は妬みません」、また、「愛は自分の利益を求めません」と書いてあります。ヨナタンは、そのようにダビデを愛していた。

ヨナタンはサウル王の息子で、イスラエルの次の王になるはずでした。でも、ヨナタンは神様がダビデを次の王として選んだことを知っていた。それが分かっても、ヨナタンは気にしなかった。彼はダビデの成功を妬まなかった。ダビデのための神様のプランを知っても、ヨナタンはダビデを恐れなかった。

むしろ、

ヨナタンは自分を愛するほどに、ダビデを愛していた(17)

ヨナタンは自分に対して代価を気にせずに、ダビデの最善を望んだ。だから、ダビデが生きながら、王になることができないと分かっても、ヨナタンはダビデをサウルから守りました。

ヨナタンは、サウルとダビデについて喧嘩した。そして、その父を説得できなかったので、ヨナタンはダビデに「逃げなさい」と警告した。

あなたはどうですか。自分自身よりも、あなたは他の人々を愛するでしょうか。周りの人々のための神様のプランを喜ぶでしょうか。周りの人々が成功する時に、あなたは喜ぶでしょうか。

もしくは神様が他の人々をあなたよりも祝福する時に、怒るでしょうか。私達が自分自身を他の人々と比べて、妬むことは簡単です。他の人々の祝福が欲しくて憤慨することは簡単です。

でも、本当の愛は無償です。他の人々が喜ぶ時に、その愛は喜ぶ。他の人々が悲しむ時に、その愛は悲しむ。

あなたはどのような愛を持っているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中