第一サムエル記19:8ー24;詩篇59篇 ーー 神様の慈しみを思い出すこと

「どうして、こんなことが起こっているの?神様、私を愛してないの?あなたはどこ?」

悪いことが起こったら、私達はよくそのように反応する。もし、誰かが、そのようなことを言う権利があれば、その人はダビデでした。彼は、何も悪いことをしていなかったのに、サウルは彼を殺そうとしていた。

その状態の中で、ダビデはこの詩篇を書いた。サウルが槍でダビデを殺そうとしたあとで、ダビデは逃げたけど、サウルは、ダビデの家にダビデを見張らせ殺すために、使者を遣わした。でも、ダビデの妻ミカルはダビデに警告して、彼が逃げることを助けた。

逃げながら、ダビデはこの詩篇を書いた。

1 わが神。私を敵から救い出してください。私に立ち向かう者が届かぬほど、私を高く上げてください。

2 不法を行う者どもから、私を救い出してください。血を流す者どもから、私を救ってください。

3 今や、彼らは私のいのちを取ろうと、待ち伏せています。力ある者どもが、私に襲いかかろうとしています。主よ。それは私のそむきの罪のためでもなく、私の罪のためでもありません。

4 私には、咎がないのに、彼らは走り回り、身を構えているのです。どうか目をさまして、私を助けてください。どうか、見てください。

つまり、「たすけてください!」

でも、ダビデは、これも書いた。

9 私の力、あなたは私を、見守ります。神は私のとりでです。

10 私の恵みの神は、私を迎えに来てくださる。神は、私の敵の敗北を見せてくださる。

また、

16 しかし、この私は、あなたの力を歌います。まことに、朝明けには、あなたの恵みを喜び歌います。それは、私の苦しみの日に、あなたは私のとりで、また、私の逃げ場であられたからです。

17 私の力、あなたに、私はほめ歌を歌います。神は私のとりで、私の恵みの神であられます。

私にとって、印象に残っている言葉は、「私の恵みの神」ということです。英語では、「My loving God」、つまり、「私を愛している神」。

ダビデは大変な状態の中で、神様の愛と恵みを全然疑っていなかった。むしろ、皆がダビデに反対する時に、ダビデは神の愛に隠れて、休んだ。問題に焦点を当てずに、神様に焦点を当てていた。自分の状況について文句を言わずに、神様を礼拝した。

そして、ヨナタンとミカルとサムエルを通して、神様はダビデを救いだした。

あなたはどうですか。全てが悪い時に、あなたはどうするでしょうか。神様の愛を疑いますか。神様の慈しみを疑うでしょうか。

もしくは、ダビデのように、神様のために待ち望むでしょうか。神様の愛に隠れて、礼拝するでしょうか。

神様が恵みの神であることと、神様があなたの先に行って導くことと、神様があなたを救うことを思い出してください。

神様、あなたが私を愛することを信じることを選びます。だから、この大変な状態の中で、ダビデのように、私があなたを礼拝することを助けて下さい。私があなたに信頼することを助けて下さい。イエス様の御名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 詩篇, 諸書, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中