第一サムエル19章1-7 – 私たちが愛してる人々が悪いときに

「私は人に面と向かうのは苦手です。」

wheresthereposrtsそれは、バック・トゥ・サ・フューチャーのジョージ・マクフライのセリフです。マーティがジョージに「どうして、ビフがあなたをいじめる事を許すか」と訊くと、ジョージはそう答えた。

私たちは笑うけど、多分、多くの人々は(私も)その気持ちが分かります。相手が悪い時に、その人と話すのがすごく難しいです。特に、その人のことを私たちが愛しているなら、難しいです。

ヨナタンは、そのような問題に直面した。サウルはヨナタンに「ダビデを殺せ」と言ったけど、ダビデはヨナタンの友人でした。

私たちが愛している人が悪かったら、どうするでしょうか。時々、私たちは何もせずに、彼らが何だか変わる事を希望する。

時々、私たちは彼らを無視して、また彼らを避ける。「彼らは好きにしてもいいです。私は彼らに対処したくない。」

時々、私たちは何も言わずに、私たちの怒りが重なって、結局爆発する。

でも、そのような反応は間違っている。ヨナタンは何をしましたか。彼は父サウルに面と向かった。聖書にこう書いてある。

4 王よ。あなたのしもべダビデについて罪を犯さないでください。彼はあなたに対して罪を犯してはいません。かえって、彼のしたことは、あなたにとって非常な益となっています。

5 彼が自分のいのちをかけて、ペリシテ人を打ったので、主は大勝利をイスラエル全体にもたらしてくださったのです。あなたはそれを見て、喜ばれました。なぜ何の理由もなくダビデを殺し、罪のない者の血を流して、罪を犯そうとされるのですか。(4-5)

ヨナタンはサウルと話した時に、謙遜な態度を持って、優しい言葉を使いました。私たちもそうするべきです。両親か子供か友達か同僚か上司と話す時に、ヨナタンの例に従った方がいいです。

もちろん両親として、子供に扱うときに、もっと厳しい態度を取る時もあります。それでも、怒りの態度じゃなくて、愛する態度を取らなくてはならない。

パウロは言った。「真理を言いなさい。」

その責任から逃げられない。

しかし、「愛を持って、真理を言うべきです。」(エペソ4:15)

ヨナタンは、そうした。

それでも、真理を伝えた後で、無理やりに人が、その真理に従うことは出来ない。両親としてはある程度までそれが出来るけど、他の場合、それが出来ない。結局、人々は自分の決断をしなけれならない。最初は、サウルはヨナタンの言葉に従ったけど、結局もう一度ダビデを殺そうと思ってきた。だから、ダビデは逃げなくてはならなかった。

その場合、私たちは祈るしか出来ない。神様だけが、その人の心を変えることが出来る。そして、彼らの行動が、あなたを傷つけたら、自分を守らなくてはならないし、脅されている人々も守らなくてはならない。

ヨナタンはそうしました。ダビデに警告して、父から守りました。

でも、黙ったらダメです。真理を言わなくてはならない。愛を持って、また謙遜な態度を持つべきだけど、真理を言わなくてはならないのです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中