第一サムエル18章ーー神様の懲らしめに反応すること

懲らしめは決して楽しくないです。私が若いあるときに、父は私の嘘を見抜いて、言いました。「お前は、もう信頼できない。もし、私に信頼して欲しいなら、時間がかかるし、お前が本当のことを言わなくてはならない。」

それは辛い言葉でした。今でも、その言葉をはっきりと覚えてます。でも、その言葉によって私は変わりましたし、結局私の父が私に信頼できるようになった。

残念なことだけど、 サウルの神様の懲らしめに対する反応は良くなかった。私はこの箇所を読んだときに、祭司エリについて考えました。神様は以前エリも懲らしめた。なぜならば、彼の息子たちがいろんな悪い事をしたのに、エリは何もしなかった。祭司として、また父として、エリは自分の息子を懲らしめるべきだったのに、何もしなかった。だから神様は裁いて言った。「あなたの息子たちは死ぬし、あなたの子孫が私の前に祭司として、もう仕えない日が来る。」

エリは、そう聞いた時に、怒らなかった。神様に「あなたは不公平だ」と叫ばなかった。むしろ、彼は言った。

「その方は主だ。主がみこころにかなうことをなさいますように。(第一サムエル3:18)

それに、エリは子育てを失敗したのに、サムエルをちゃんと教えて育てた。サムエルが神様から聞いた事を見た時に、妬まなかった。神様がサムエルを祝福した事を見て、エリはサムエルを迫害しなかった。

むしろ、サムエルにどうやって神様に反応するか教えたし、サムエルが責任をもって神様の言葉をちゃんと伝える事を教えた。神様の言葉が辛くても、サムエルが正直に、また忠実にその言葉を伝える事を教えた。

サムエルは、その教えを学んで、すごく良い預言者になった。

それでも、神様はエリを懲らしめた。そして、神様が言った通りに、ソロモンはエリの子孫を主の祭司の職から罷免した。(列王記2:27) しかし、エリは神様の凝らしめを受け入れで、出来るだけ、神様に仕え続けた。

サウルの反応は全然違いました。サウルロは、神様の霊が自分を去って、ダビデと共にいる事を見たし、イスラエル人がサウルよりもダビデをほめた事を見たし、ダビデが次の王になることが分かりました。だから、怖がって、ダビデを殺そうと思いました。自分の手とペリシテ人の手でダビデを殺そうとした。結局殺すことが出来なかったから、もっと怖がるようになった。

サウルは神様の懲らしめを受け入れなかったから、彼の人生は惨めになった。サウルは悔い改めて、出来るだけ神様に仕え続けなかった。むしろ、サウルは神様の決断に反抗して、持っているものを持ち続けようとした。

でも、もし、サウルがダビデを受け入れたら、どうなったでしょうか。もし、サウルが神様の決断に反抗せずに、ダビデに「私は失敗した。だから、神様はあなたを選んだ。私のミスから学んでください。」と言ったらサウルの人生はどうなったでしょうか。

多分、神様は、もう一度サウルにサムエルを送った。もう一度サムエルはサウルと一緒に働いたかもしれない。神様はもう一度サウルと話して、働き続きました。 でも、サウルは神様の懲らしめに反抗し続けたから、神様からもっと遠く離れた。

神様の懲らしめを受け入れても、多分神様の決断が変わらなかった。でも、神様ともっと親しい関係が出来たかもしれない。残念なことだけど、サウルは、そうしなかったから、惨めな人生を生きた。

あなたはどうですか。神様の懲らしめに対して、どう反応するでしょうか。その懲らしめに反抗するでしょうか。もしくはそれを受け入れて、神様があなたを変える事を許すでしょうか。神様が私たちが嫌いだから懲らしめない事を覚えていてください。むしろ、神様は私たちを愛して、私たちのベストを望むから、懲らしめる。ヘブル人への手紙の著者がこう書いた。

5 そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。「わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。

6 主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」

7 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。

8 もしあなたがたが、だれでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生子であって、ほんとうの子ではないのです。

9 さらにまた、私たちには肉の父がいて、私たちを懲らしめたのですが、しかも私たちは彼らを敬ったのであれば、なおさらのこと、私たちはすべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。

10 なぜなら、肉の父親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。

11 すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。

12 ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい。

13 また、あなたがたの足のためには、まっすぐな道を作りなさい。なえた足が関節をはずさないため、いやむしろ、いやされるためです。(ヘブル12:5-13)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中