第一サムエル記17章–信仰のある人、恐れている人々

聖書の中で、これは最も有名な話の一つです。私は多分100回以上読んだことがあります。でも、今回、印象に残っていることは、信仰のある人と恐れる人の違いのことです。

もう一度、ペリシテ人はイスラエル人と戦うように準備していた。そして、一人のペリシテ人ゴリアテはイスラエル人の軍隊に一対一の戦いをチャレンジした。もし、イスラエル人の一人が、ゴリアテと戦って殺したら、ペリシテ人のすべてはイスラエルの奴隷になる。でも、ゴリアテがイスラエル人の代表を殺したら、イスラエル人のすべてはペリシテ人の奴隷になる。

しかし、サウルとその民はそれを聞いたら、彼らは恐れました。そして、信仰のある人が来た。それはダビデです。

恐れる人々は信仰のある人を見た時に、どのような反応があったか興味深いです。

1.怒り。ダビデはゴリアテのチャレンジを聞くと、言った。

このペリシテ人を打って、イスラエルのそしりをすすぐ者には、どうされるのですか。この割礼を受けていないペリシテ人は何者ですか。生ける神の陣をなぶるとは。(26)

ダビデの兄エリアブは、その言葉を聞くと、答えた。

いったいおまえはなぜやって来たのか。荒野にいるあのわずかな羊を、だれに預けて来たのか。私には、おまえのうぬぼれと悪い心がわかっている。戦いを見にやって来たのだろう。(28)

どうして、エリアブはそんなに怒りましたか。 多分、ダビデの言葉がエリアブの恐れを表したから。エリアブは、「私は戦った方がいい」と思ったかもしれないけど、彼の恐れによって行かなかった。だから、彼の弟が来た時に、エリアブは、その信仰深いの言葉を聞いて、恥を感じた。

どれぐらい、私たちもそのように反応するでしょうか。難しい状態に直面して、信仰を持たずに、恐れる。だから、信仰のある人を見たら、私たちは怒るようになって、その人を攻撃する。

2.失望。サウルは、誰かがゴリアテと戦いたいと聞いたら、多分嬉しかった。多分、イスラエル人のすべては、サウルがゴリアテと戦う事を希望した。なぜなら、イスラエル人の中で、サウルは一番背が高い人でしたから。でも、サウルも恐れました。だから、そのニュースを聞いたら、サウルはすぐにダビデのために呼んだ。

でも、サウルはダビデを見たら、多分とてもがっかりした。「この若者が。この若者はゴリアテと戦えるのだろうか。」

サウルは失望して、ダビデをがっかりさせようと思った。彼は言った。

あなたは、あのペリシテ人のところへ行って、あれと戦うことはできない。あなたはまだ若いし、あれは若い時から戦士だったのだから。(33)

どれぐらい、私たちはサウルのように反応するでしょうか。あなたは自分の恐れによってがっかりして、他の人々に信仰によって歩まないように説得しようと思います。

でも、ダビデはどのように反応したでしょうか。兄の怒りとサウルの恐れがダビデに影響を与える事を許さなかった。むしろ、彼は神様に100%信頼した。

どうして、彼は神様に信頼ことが出来たでしょうか。神様は過去に何をしたか思い出したから。熊と獅子がダビデの羊を攻撃したときに、神様がダビデを助けた事を思い出した。だからダビデは言った。

獅子や、熊の爪から私を救い出してくださった主は、あのペリシテ人の手からも私を救い出してくださいます。(37)

ダビデは状況をあまり気にしなかった。 なぜなら、神様が、その状況より大きいと知っていたから。そして、神様の助けによって、ダビデはゴリアテを殺して、イスラエルに勝利を与えた。

サウルは、それを決して学ばなかった。13書でも、それが見える。サウルの民の恐れがサウルに影響を与えて、彼はパニックになって罪を犯した。

あなたはどうですか。あなたは信仰のある人でしょうか。恐れる人でしょうか。難しい時に直面したら、どう反応するでしょうか。信仰によって反応するでしょうか。恐れによって反応するでしょうか。ただ問題に焦点を当てて、恐れに支配されるサウルとエリアブのように、私たちはならないように。

むしろ、ダビデのように、私たちは神様に焦点を当てよう。神様は私たちの問題よりも大きいから。神様が過去に私たちを救った事を思い出して、将来にも、私たちを助け続けることを知って、神様に信頼しましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
アサイド | カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中