第一サムエル記13章 – 神様のために待っていること

私はサウルの気持ちがよく分かります。彼の軍隊は3000人の人々から600人の人々に減っていたし、その敵がもうすぐ来るし、サムエルが遅れた。サウルとイスラエルのための祈りが必要だったけど、サムエルがまだ来ていないし、いつ来るかサウルは分からなかった。

その大変な状態の中で、サウルはパニックになって、全焼のいけにえを捧げた。でも、一つ問題がありました。神様の命令によって、サウルは、そうしてはいけなかった。どうして、サウルがそうしたか私は分かります。正直、私がその状態だったら、どうするか分からない。サウルのようにするかもしれません。

でも、この話で、サウルの基礎的な問題が見える。彼は心を尽くして神様に信頼できなかった。だから大変な時に、神様を待たずに、また神様の助けを頼まずに、サウルは自分の力と知恵によって行動した。そして結局、神様の命令に従わず、罪を犯してしまいました。

次のイスラエルの王、ダビデと比べたら、全然違いました。ダビデは本当に神様の心にかなう人でした。

ダビデは書いた。

たとい、私に向かって陣営が張られても、私の心は恐れない。たとい、戦いが私に向かって起こっても、それにも、私は動じない。 (詩篇27章3)

また、

13 ああ、私に、生ける者の地で主のいつくしみを見ることが信じられなかったなら―

14 待ち望め、主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め、主を。(詩篇27:13-14)

ダビデにとって、それはただの良い言葉じゃなかった。彼は、その言葉を本当に信じて、そのように生きました。ダビデは完全な人じゃなかった。ダビデは大失敗したことがありました。でも、サウルが彼を殺したかった時にも、またダビデの息子アブサロムがダビデを殺したかった時にも、ダビデはサウルのミスを繰り返さなかった。ダビデはパニックにならなかった。自分の知恵と力に頼らずに、忠実に、正しい事をし続けた。

なぜ、ダビデは、そう出来たでしょうか。神様に信頼したから。神様が彼を救う事を本当に信じた。だから、神様は何回もダビデを救い出した。

あなたはどうですか。大変な時に、あなたはどのように反応するでしょうか。パニックになるでしょうか。自分の力で行動するでしょうか。もしくは、ダビデのように、神様の道を歩み続けるでしょうか。神様に信頼し続けて、神様の救いのために待つでしょうか。

主よ。ダビデのように、私があなたに信頼できるように助けてください。大変な時でも、私があなたのために待つことが出来るように助けてください。あなたが命令したように、私がし続けるように助けてください。あなたは良い方だから。あなたは忠実な神だから。私の信頼に値する方だから。イエス様の御名によって、祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中