第一サムエル気11章 – しなければならない事をすること

サウルは結局ダメになってしまったけど、彼は、良いスタートがありました。あるイスラエルの都市が攻撃された時に、そのニュースを聞いた人々は泣いただけでした。

サウルは、その人々を見たときに、彼は訊いた。「何であなたたちは泣いているの?」

その理由を聞いて、彼はとても怒りました。なぜでしょうか。多分、二つの理由がありました。

一つめは、彼が愛している人たちが攻撃されたことです。二つ目は、誰も何もしなかったことです。だから、サウルは責任を取って、人々を集めて、その敵と戦って、神様の助けによって、大きい勝利が出来た。

二年前、教会のリーダーズ・ミーティングに行っていた。その時、私たちは大きい問題について話した。それは、何年経っても、日本のクリスチャンの数はほとんど変わっていないということです。ずっと1%ぐらいです。日本で、たくさんの人々は、そのことについて泣きます。

でも、泣くことは十分じゃないです。何かしなければならないです。

イスラエル人は、たくさんの兄弟たちが殺される事について泣いたけど、何かをしようとはしなかった。

どれぐらい、私たちも迷った人々のために泣くけど、何もしないでしょうか。

どうして、周りの人々が死んで、地獄に行っているけど、私たちは何もしないでしょうか。サウルのように、私たちは一緒に働いて、この世界を変えよう。この死んでいる世界を救うためにしなければならない事をしよう。

私は、「だれを遣わそう。だれが、われわれのために行くだろう」と言っておられる主の声を聞いたので、言った。「ここに、私がおります。私を遣わしてください。」(イザヤ書6:8)

主よ、イスラエル人は滅びている人々のために泣いたけど、全然助ける気がなかった。私がそうならないように。特に日本のために祈ります。多くの人々はあなたを知らないから。私はここにおります。私を遣わしてください。サウルに教えたように、私にも、私が何をしなければならないかを教えてください。

あなたの教会の目を覚ませてください。この迷っている世界を救うために私たちが何をしなければならないかを教えてください。イエス様の御名によって祈ります。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中