第一サムエル6-7章 – 神様の前に誰が立つことが出来るでしょうか

主の箱がイスラエルに戻されたときに、彼らは喜んで、いけにえを主に捧げた。でも、その喜びの中で、悲しみもありました。なぜなら、70人の人が主の箱の中を見たので、神様は彼らを殺したからです。どうして、神様はそうしたでしょうか。彼らは聖なるものを普通の物として扱ったから。

実は、その行動は彼らの態度を反映した。彼らはずっと聖なる神様を普通の方として扱った。

その日、イスラエル人は叫んだ。

だれが、この聖なる神、主の前に立ちえよう。(6:20)

実は、彼らの中で、誰も、神様の前に立つことが出来なかった。なぜでしょうか。なぜなら、彼らは自分の目に正しいと見えることをしていたから。だから、サムエルは彼らに言った。

もし、あなたがたが心を尽くして主に帰り、あなたがたの間から外国の神々やアシュタロテを取り除き、心を主に向け、主にのみ仕えるなら、主はあなたがたをペリシテ人の手から救い出されます。(7:3)

つまり、「あなたはやっと真剣に神様に従うでしょうか。じゃあ、自分の道をもう行くな。偽の神々にもう従わずに、神様に心から従いなさい。」

その日、彼らがやっと悔い改めたから、神様は彼らをペリシテ人から救い出し始めた。

ダビデはこう書いた。

3 だれが、主の山に登りえようか。だれが、その聖なる所に立ちえようか。

4 手がきよく、心がきよらかな者、そのたましいをむなしいことに向けず、欺き誓わなかった人。

5 その人は主から祝福を受け、その救いの神から義を受ける。

6 これこそ、神を求める者の一族、あなたの御顔を慕い求める人々、ヤコブである。(詩篇24:3-6)

その日、イスラエル人はそう学びました。

口だけで、神様に仕えることだけでは足りないです。ささげ物も十分ではありません。宗教的な行動も十分ではありません。もし、神様の前に立ちたいなら、まったく新しい心が必要です。清い心が必要です。また、神様だけに自分自身を捧げる心が必要です。

そして、正しい事をする手が必要です。私の物理的な人生と霊的な人生を分けることができない。それらは互いに影響に与え合うから。

でも、清い手と清い心があれば、私たちは神様からの祝福を受けます。

あなたはどうですか。あなたの心は清いでしょうか。あなたの心のすべてを神様に捧げているでしょうか。あなたの罪は清められたでしょうか。

実は私たちは皆、罪と戦う。誰も清くない。ローマ3:10に、こう書いてあります。

義人はいない。ひとりもいない。

その理由で、イエス様は、この世に来ました。十字架で死んで、私たちの罰を受けてくださった。ただイエス様の血によって、私たちは神様の前に清められました。ただイエス様の血によって、私たちは大胆に神様の前に立つことが出来ます。

でも、私たちは真剣に神様との関係を考えなくてはならない。私たちは悔い改めるべきです。また、イエス様を私たちの主としなくてはならない。そうすれば、私たちは神様の前に立つことが出来ます。そうしないと、私たちは全然、神様の前に立つことが出来ません。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中