第一サムエル記4章 – 見えるところは敬虔であっても

イスラエル人を見ると、彼らの一番の問題は、彼らは敬虔な人みたいだったけど、彼らの心は神様のものじゃなかった。

この箇所に、イスラエル人はペリシテ人と戦ったけど、打ち負かされた。がっかりして、彼らは訊いた。

なぜ主は、きょう、ペリシテ人の前でわれわれを打ったのだろう。(3)

本当の問題は、彼らが心から、神様に従わなかったから。ただ自分がしたい事をしました。士師記で書いてあるように、

自分の目に正しいと見えることを行っていた。(士師記21:25)

だから、彼らは次の戦いに、主の契約の箱を持って来ました。彼らは多分こう思った。

「ほら、神様。私たちは、あなたを連れて行くでしょう?だから、勝利を与えてくれるでしょう?」

でも、神様を「連れて来てあげても」、彼らは心から神様に従っていなかった。彼らは敬虔な人みたいだったけど、本当はそうじゃなかった。

彼らは、その主の契約の箱をお守りとして扱ったし、神様の戒めも守らなかった。つまり、一年に一回だけ、大祭司は至聖所(その主の契約の箱がある所)に入ることが出来ました。その時、イスラエル人のあがないのために、大祭司は犠牲された動物の血を神様に捧げた。

でも、神様がイスラエル人に勝利を与えるために、その大祭司の息子たちは至聖所に入って、主の契約の箱を取って、その戦いに持っていった。

結果は?もう一度、ペリシテ人に打ち負かされたし、その契約の箱も取られてしまった。

エリは、そのニュースを聞いたときに、自分の席から落ちて、死にました。エリの息子ピネハスの妊娠している妻は、その主人も義理のお父さんも死んで、神の箱が奪われた事を聞くと、陣痛が起こりました。産んだ後で、彼女もすぐに死んだ。でも、その前に、その息子をイ・カボデと名づけた。その意味は、「栄光がない」ということです。

彼女は言った。

栄光はイスラエルを去りました。神の箱が奪われたから。(22)

でも、神様はイスラエルを捨てなかった。イスラエルは神様を捨てていた。見えるところが敬虔であっても、彼らの心は神様のものじゃなかった。

パウロはそのような人々について、テモテに書いた。

1 終わりの日には困難な時代がやって来ることをよく承知しておきなさい。

2 そのときに人々は、自分を愛する者、金を愛する者、大言壮語する者、不遜な者、神をけがす者、両親に従わない者、感謝することを知らない者、汚れた者になり、

3 情け知らずの者、和解しない者、そしる者、節制のない者、粗暴な者、善を好まない者になり、

4 裏切る者、向こう見ずな者、慢心する者、神よりも快楽を愛する者になり、

5 見えるところは敬虔であっても、その実を否定する者になるからです。こういう人々を避けなさい。(第二テモテ3:1ー5)

イスラエル人は、そのような人々でした。士師記で、それがよく見える。

残念なことだけど、多くのクリスチャンも、そのような人々です。日曜日に、彼らは本当に敬虔みたいだけど、他の日は全然敬虔な人生を生きない。だから、彼らは、いつも打ち負かされた人生を生きるけど、理由が分からない。

あなたはどうですか。あなたの心は神様のものでしょうか。それとも、自分の目に正しいと見えることをして、自分のために生きるでしょうか。他の人々を騙すかもしれない。自分自身を騙すかもしれない。でも、神様を騙すことができない。そして、あなたは神様を操作できない。

イスラエル人は神の箱を持って、そうしようとしたけど、できなかった。あなたも、自分の敬虔な行動によって、神様を操作できない。

あなたはただ敬虔な人であるようなふりしているでしょうか。それとも、あなたの心は神様のものでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中