第一サムエル記3章 – 神様から聞くこと

私は神様の声をよく聞くし、はっきりと聞くと言いたいですが、言えないです。多くの場合、私は、昔のイスラエル人のように感じる。つまり、

そのころ、主のことばはまれにしかなく、幻も示されなかった。(1)

私は幻を見たことない。時々、神様からの夢を見たことがあると思うけど、確信がないです。確信を持って、神様が私に話した事があると言えるけど、そのような経験をもっと欲しいです。

時々、私は「神様がサムエルと話したように、私と話したらいいのに」と思います。でも、神様が私と話したら、私はちゃんと聞くだろうね。

サムエルの時代、多分神様はイスラエル人と話したかったけど、誰も聞きたくなかった。もしくは、彼らは無関心だった。多くの場合、彼らは神様がもう命令した事に従わなかった。そのような人々に、神様はあまり話さない。

私はどうだろう?無関心だろうか。神様がもう言ったことに従わないだろうか。

私は、サムエルのようになりたいです。神様がサムエルを呼んだときに、サムエルは応えた。

お話ください。しもべは聞いております (10)。

サムエルのように、私が神様から聞いたら、そのメッセージが辛いものでも、他の人々に伝えたいです。

サムエルのように、神様の言葉を聞いて、周りの人々に伝えるときに、その言葉が地に落ちないように望みます。サムエルが神様の言葉を伝えたときに、その言葉は決して無駄じゃなかった。神様がサムエルに「これとこれが起こる」と言ったときに、いつもその通りに起こりました。

そのように、神様の言葉が私の人生に無駄なことにならないように祈ります。神様の言葉が私の人生に入ったら、周りの人々に影響を与える力が欲しいです。その言葉が私と周りの人々を変えることを望みます。

でも、私がそれを期待したら、無関心な態度を捨てなくてはならない。サムエルのように、私は神様を求めなくてはならない。神様が辛い事を言っても、私は聞く耳が必要です。神様の言葉に従いたくなくても、神様が語ることに従うべきです。そうしないと、イスラエルのようになります。神様の声をめったに聞かなくなる。

神様、私があなたの声を聞く事を教えてください。私は何回も、自分の心をあなたの声に対して硬くした。私はよく自分の耳をあなたの声に対して閉じた。私はよく無関心で、あなたを心から求めなかった。赦してください。私を変えてください。私の心の中に、あなたの言葉が地に落ちないように。むしろ、私を変えてください。そして、私を通して、私の周りの世界を変えてください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中