第一サムエル記2章 – 神様を尊敬すること、神様をさげすむこと

これは、二つのタイプの人々についての話です。2人は神様を尊敬した(ハンナとサムエル)。3人は神様をさげすんだ(エリとその息子たち)。

この箇所の初めで、ハンナは神様をそのわざのために賛美した。その歌の中で、ハンナは神様が謙遜な人々を助けるし、神様に従う人を助けることについて歌いました。そして、ハンナは歌った。

主のように聖なる方はありません。あなたに並ぶ者はないからです。私たちの神のような岩はありません。(2)

しかし、ハンナはこれも歌った。

高ぶって、多くを語ってはなりません。横柄なことばを口から出してはなりません。まことに主は、すべてを知る神。そのみわざは確かです。(3)

エリの息子たちは本当に高ぶった。彼らは神様から盗んだ。つまり、いけにえを捧げるときに、脂肪を神様に捧げなくてはならなかったけど、人々がそうしようとしたときに、エリの息子たちは彼らを脅した。

それだけではなくて、彼らは天幕で働いている女たちと寝ていて、自分自身とその女たちを汚した。

神様が知らないと思ったかもしれない。でも、多分、彼らは、神様のこと全然気にしなかった。神様が聖なる方として認めなかった。でも、神様は彼らの行動を知っていたし、それを計って、彼らを裁いた。

エリの問題は、エリがその息子たちを神様より重んじた。エリはその息子たちの行動をよく知っていたけど、弱いしつけしかしなかった。それに、彼はその息子たちの行動止めなかった。

どうしてでしょうか。私は分からない。彼はその息子たちの祭司の立場を取らなくてはならなかった。でも、エリはそうしなかったから、神様はエリも裁いた。

むしろ、サムエルは神様を尊敬して、神様と周りの人々がサムエルをほめた。26節にこう書いてあります。

一方、少年サムエルはますます成長し、主にも、人にも愛された。

私たちはこの話から、何を学べるでしょうか。神様は聖なる方です。神様は正しい方です。もし、私たちがそれを認めないし、神様について考えずに、ただ私たちがしたい事をしたら、私たちは神様をさげすみます。

神様はそのような生き方をずっと認めることはない。神様は必ずそれを裁く。

でも、もし、私たちが神様を尊敬したら、神様も私たちを尊ぶ。ある預言者はエリに言った。

わたしは、わたしを尊ぶ者を尊ぶ。わたしをさげすむ者は軽んじられる。(30)

あなたはどうですか。あなたの言葉だけではなくて、あなたの行動によって神様を尊敬するでしょうか。神様の言葉を聞いて、従うでしょうか。

もしくは、あなたは神様が何も知らないかのように生きるでしょうか。

あなたは他の人か物を神様よりも重んじるでしょうか。

神様はあなたの態度と行動を見て計る。そして、いつかそれを裁く。

神様はあなたを見ると、何を見るでしょうか。神様を尊敬する人を見るでしょうか。もしくは神様をさげすむ人を見るでしょうか。

神様、私の言葉と行動によって、あなたを尊敬するように祈ります。私が他の人か物をあなたより重んじることを赦してください。私があなたの言葉を無視したり、あなたの清さを無視したり、罪を犯したりすることを、赦してください。毎日、毎時、私があなたを尊ぶように助けください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中