ルツ記3-4章ーーあがない主

ボアズとルツの関係を通して、私たちはどのように、キリストが私たちをあがなうか見える。それは本当に美しい絵です。

ルツは貧乏で、何も持っていなかったのに、ボアズに近づいて、結婚するように頼みました。ルツは言った。

あなたのおおいを広げて、このはしためをおおってください。あなたは買い戻しの権利のある親類ですから。(3:9)

私たちにとっては、それは、ちょっと可笑しいプロポーズの方法かもしれないけど、その文化では、それが普通でした。

今でも、ユダヤ人の結婚式で、花婿は自分のタリス(祈りのためのショール)で、花嫁を覆います。その意味は、「私はあなたを世話する」という意味です。

タリス

タリス

だから、ルツが言ったのは、「私を世話してください。私の夫になってください。」

しかし、問題がありました。他の親族はルツを結婚する権利がありました。 この習慣も、私たちにとっては、ちょっと可笑しいかもしれないけど、そのころ、もし、ある男性は息子がいないと、彼の女性の親族は(普通は彼の妻だけど、この場合、彼の義理の娘)、他の親族と結婚する。そして、子供が生まれたら、その子供によって、その死んだ男性の名前は続くし、その子供がその死んだの男性の遺産をもらいます。

ルツの場合、ボアズは、その権利があったけど、他の親類はもっと強い権利がありました。

幸いに、その人はルツを拒絶した。多分、彼はもう結婚したから。

だから、ボアズはルツを結婚する権利を買って、また、その家族の遺産を管理する権利も買った。

だから、ルツは、もはや貧乏で希望がない女の人じゃなかった。今、金持ちで、また、ルツを愛している夫がいて、将来と希望が持っていました。

ルツとボアズが結婚した後で、息子が生まれました。その息子オベデは、エッサイという息子がいました。そして、エッサイは、ダビデという息子がいました。ダビデはイスラエルの王になって、そして、ダビデの家系を通して、私たちの最大のあがない主イエス様が来た。

今、ルツがボアズに近づいたように、私たちは何も持たずにイエス様に近づきます。私たちは自分自身だけを捧げることが出来る。私たちはイエス様の愛と守りのために頼むしか出来ない。イエス様はそうしてくれるし、私たちのために代価を払いました。十字架で、私たちの罪のために死んで、自分の血を流した。その血によって、私たちの罪は洗われた。

そして、その関係によって、また、イエス様の愛によって、私たちは将来と希望があります。

エペソ人への手紙2:12-13で、こう書いてあります。

そのころのあなたがたは、キリストから離れ。。。この世にあって望みもなく、神もない人たちでした。

しかし、以前は遠く離れていたあなたがたも、今ではキリスト・イエスの中にあることにより、キリストの血によって近い者とされたのです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ルツ記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中