士師記17-18章ーー偽者の礼拝

この士師記の最後の5章はエピローグです。その個所の話は、多分ヨシュアがちょっと死んだ後で起こりました。なぜなら、アロンの孫ピネハスは、まだ大祭司でしたから。

この二つの話は、かなりショッキングです。この二つの話を、一言でまとめたいなら、17:6と21:25を読んでください。つまり、

そのころ、イスラエルには王がなく、めいめいが自分の目に正しいと見えることを行っていた。

この個所に、ある人とその家族が自分の目に正しいと見えることによって神様を礼拝することを見る。

ミカという人は、母から銀を盗んだけど、後で告白して、その銀を戻しました。それは良かった。

だけど、その母はその銀を主に捧げました。どのように捧げたでしょうか。その母は 彫像と鋳像を作る為にミカにあげた。でも、神様は十戒で、つまり、第一と第二の戒めで、それを禁止した。

どうして、その母が、「私は神様に捧げる」と言いながら、「彫像と鋳像を作りましょう」と言えるか私は分からない。

多分、彼女は、「この鋳像を作るけど、ヤハウェ(つまり、神様の名前)と名づける。」と思ったかもしれない。でも、神様が命令する通りに礼拝せずに、自分が正しいと思う方法で礼拝した。

ミカは、その 彫像と鋳像を作って、礼拝し始めた。

そして、ある日、レビ人が来ました。レビ人たちは幕屋(神殿みたいなものです)で神様に仕える人たちでした。そして、ミカは言った。

私といっしょに住んで、私のために父となり、また祭司となってください。あなたに毎年、銀十枚と、衣服ひとそろいと、あなたの生活費をあげます。(10)

私は信じられないけど、そのレビ人は同意した。その人は神様の戒めをよく知っていたのに、お金のために背を向けた。

そして、18章で、ダン人の部族の皆は、その彫像を礼拝し始めた。

私達は何を学べるでしょうか。ミカとその母は自分が正しいと思ったことをしました。神様の彫像に関しての戒めをよく知らなかったかもしれない。もしくは、その戒めを無視した。でも、彼らは、その行動によって、神様の祝福を得ると思った。その後で、ダン人たちも、そう思った。

しかし、神様は、そのような礼拝を受け入れません。イエス様はこう言いました。

 しかし真の礼拝者たちが霊とまことによって父を礼拝する時が来ます。今がその時です。父はこのような人々を礼拝者として求めておられるからです。

神は霊ですから、神を礼拝する者は、霊とまことによって礼拝しなければなりません。(ヨハネ4:23-24)

つまり、礼拝する時に、熱心が大切だけど、神様の目にそれは足りないです。あなたの礼拝は神様の真理によるべきです。

神様が自分を現わしたように、礼拝するべきだし、神様が命令する通りに礼拝するべきです。でも、神様の言葉を知らないと、それは出来ない。また、もし神様の言葉に従わないと神様を喜ばせない。

あなたはどうですか。神様が自分を現したように礼拝してるでしょうか。もしくは、自分の偽のイメージを作って、礼拝しているでしょうか。

神様が命令する通りに礼拝しているでしょうか。もしくは、自分が正しいと思う通りに礼拝しているでしょうか。

神様を霊と誠によって礼拝しましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中