士師記14-16章ーーもったいない

「彼の才能はすごかったのに、もったいないことをしました。」

どれぐらい、私たちはそのような言葉を聞くでしょうか。スポーツの選手に関してよく聞きます。選手の才能は本当にすごいけど、プライドがありすぎ、また、怠けるから、その可能性を本当に満たさない。

多分、毎日あなたは人に会って、「彼は本当にすごい才能があるのに、何でもっと努力しないだろうか」と思います。

サムソンの話を読むときに、私はそう思います。神様は彼のためにすごい計画があったのに、彼はその計画をちょっとしか満たさなかった。

彼は生まれる前に神様に聖別された。ナジル人として育てられて、神様に仕えるように訓練されました。でも、大部分、彼は自分の人生を捨ててしまった。

神様が彼を用いたときにも、それはサムソンの意図じゃなかった。つまり、サムソンを通して、神様の恵みによって、イスラエル人がピリシテ人からある程度までは、救われたけど、サムソンの都合だけでされたし、時々サムソンの行動なのに、イスラエル人が救われた。

サムソンの問題は何だったか。一番大きい問題は、サムソンが神様の働きに聖別されたのに、彼は神様中心ではなくて、自己中心でした。神様にどうやって仕えるか考えるよりも、どうやって自分に仕えるか考えました。

士師記を読むときに、サムソンが神様のアドバイスを求める事を全然見ない。神様に復讐のために力を頼んだけど、神様の導きのために全然求めなかった。

彼の人生にそのパターンをよく見る。彼の第一の事件は、彼がペリシテの女の人と結婚することです。

神様がイスラエル人にカナン人と結婚するなと命令したのに、サムソンは、その命令を無視して、また、彼の両親の言葉を無視して、そのペリシテ人(カナン人の一派)と結婚した。

でも、士師記14章4節で、これが主によることだと書いてあります。それは、どういう意味でしょうか。ちょっと矛盾みたいです。

多分、サムソンが誰の言うことも聞かずにそのペリシテ人と結婚したかったので、神様は、その状態を使おうと思いました。神様は私達に何かを無理やりにさせないけど、時々、神様の目的のために私達の悪い決断を使います。サムソンは自分の理由のために、そのペリシテ人と結婚したけど、神様はその状況を自分の目的のために使いました。そういう意味で、そのことは神様によることでした。

そして、サムソンを通して、神様はイスラエル人をペリシテ人から救いました。

でも、サムソンの動機は、神様を喜ばせたいことじゃなかった。彼の主な心配はイスラエル人じゃなかった。

むしろ、何回も、彼の動機は復讐でした。何回も、私達は、その言葉を見る。

もし、彼の動機が、神様を喜ばせたり、イスラエル人を愛していることだったら、良かったんです。

でも、彼は、そのことを別に気にかけなかったし、また、神様からの召しも別に気にかけなかった。

もう2つの事件で、その態度が見える。ある日、サムソンは死んだライオンを見た。神様はナジル人に愛している人の死体でも近づくなと命令した。でも、サムソンは近づいて、そのライオンの死体からはちみつを取って食べた。(8ー9)

そして、デリラというペリシテ人と寝始めて、セックスのために彼は彼女にどうやって彼の誓約を破るか教えた。つまり、彼の髪の毛を切ったら、それは誓約を破ることになる。

デリラはサムソンを裏切って、髪の毛を切ったので、サムソンの神様からの力がなくなった。そして、ペリシテ人は彼を捕まえて、サムソンの目をえぐりだして、サムソンはペリシテ人の奴隷になった。

それでも、もう一度、イスラエル人を助けるために、神様はサムソンを通して、3000人のペリシテ人を殺した。しかし、もう一度、サムソンの動機は何でしたか。彼の最後の言葉はこうです。

神、主よ。どうぞ、私を御心に留めてください。ああ、神よ。どうぞ、この一時でも、私を強めてください。私の二つの目のために、もう一度ペリシテ人に復讐したいのです。(28)

サムソンは、たくさんのことが出来ました。20年ぐらい、イスラエル人を助けた。でも、彼は自己中心だったし、神様彼からの召しを真剣に気にかけなかったから、彼の可能性を満たさなかった。

あなたはどうですか。神様はあなたを神様の国のために用いたいです。あなたが周りの人々に影響を与えることを望みます。

神様は天国で、あなたに会う時に「よくやった。良い忠実なしもべだ。」と言うでしょうか。もしくは、「あなたの人生はもったいなかった。」と言うでしょうか?

主よ。私の自己中心の態度を赦してください。サムソンのようになりたくない。むしろ、あなたにとって、私は用いることができる道具になりたい。あなたの目的のために私を用いてください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中