士師記8-9章ーー何を願っているか気をつけて

英語で、「何を願っているか気をつけてください。なぜならば、それをもらうかもしれないから。」ということわざがあります。つまり、私たちが願っていることは、時々良いことじゃないです。

イスラエル人は、ずっとカナンに住んでいて、結局王様が欲しくなってきた。まず、彼らはギデオンに頼んだけど、彼は拒絶した。「神様はあなたの王」と言われたのに、イスラエル人はその言葉を受け入れられなかった。だから、ギデオンが亡くなった後で、彼らは、ギデオンの息子アビメレクの王になる計画をすぐに受け入れました。

アビメレクはギデオンのそばめの息子でした。ギデオンが死んだ後で、すぐに、アビメレクの母の出身地シェケムの家族と、その都市の人たちからサポートを求めた。彼は成功して、その人と一緒に、ギデオンの他の70人の息子たちを殺した。だから、アビメレクはイスラエル人の最初の王になりました。(だけど、彼の力は多分、シェケムに限定されていました。)

でも、ギデオンの末っ子ヨタムは生き残って逃げました。そして、彼は、シェケムの人たちに例え話を言いました。それは、木々は王を求めたけど、オリーブの木といちじくの木とぶどうの木が皆断った。だから、その木々は茨に頼んでいた。その茨はその王になったけど、結局その茨が木々を滅ぼした。

つまり、シェケムは王をやっと見つけたけど、結局彼らを滅ぼす人を選んでしまいました。

ヨタムの言葉は本当でした。シェケムの人々はアビメレクが悪い王である事を分かってきたけど、遅かった。シェケムの人々が彼を選んだのに、彼は、その人々をたくさん殺してしまいました。でも、アビメレクはシェケムを攻めた時に、彼自身が殺された。

同じようなことは、私たちに起こるかもしれない。どれぐらい、私たちは何かを求めて、神様を私たちの王として、無視するでしょうか。憧れの仕事を見つけるけど、もう日曜日に教会に行けないことを無視する。

もしくは、私たちは夫か妻を求めるけど、相手がクリスチャンじゃないことを無視する。

もしくは、彼か彼女と一緒に寝たいけど、神様の戒めを無視する。つまり、セックスは結婚している人のためのものです。

そのような事をすると、私たちの人生はめちゃくちゃになります。だから、何を願っているか気をつけてください。あなたの願いは神様の願いと合っている事を確かめて下さい。そして、イエス様の約束を思い出してください。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。(マタイ6:33)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中