士師記8章22-35 – でも私は良いことに相応しい。

私は日曜学校とバイブル・クラブでギデオンの話を聞いた時に、二つの話しか聞いていなかった。一つはギデオンと神様の出会い。そして、ギデオンのミデヤン人との戦いです。でも、私の先生はギデオンの暗い面について全然話していなかった。それでも、ギデオンは暗い面があった。

ガドの話を読んで、その暗い面を見る。この箇所でも、その暗い面が見える。

この箇所は積極的に始まる。イスラエル人はギデオンに「私たちの王になってください。あなたはミデヤン人から救ったから。」

でも、ギデオンは答えた。「私ではなくて、神様があなたの王です。神様はあなたの支配者です。」

しかし、その後で、ギデオンは言った。「ちょっとお願いがある。ちょっと金が欲しいけどね。また、ミデヤンの王の赤紫の衣をください。あ、もう一つのものだけどね。その王の首飾りをお願いします。」

その後で、その金からエポデを作りました。どうして、そうしたか私は分からない。しかし、エポデは神様の祭司のためでした。祭司たちは神様と相談するときに、エポデを使いました。だから、その行動を通して、ギデオンは祭司の義務を取ったみたいです。

ギデオンは、もう一つの事をした。他の国々の王のように、ギデオンはたくさんの女の人と結婚して、息子が70人いた。一人の息子をアビメレクと名づけた。その名前の意味は、「私の父は王です」という意味です。

どうして、ギデオンはそうしましたか。私は分からない。ただ考えるに、その時代、「私の父」と言う表現は、時々神様に対して使われた。だから、ギデオンが以前言ったように、「神様は私の王」と言いたかったかもしれない。そして、イスラエル人に神様に仰ぐ事を思い出させるためにエポデを作ったかもしれない。

しかし、彼のすべての行動を見たら、彼の動機がちょっと疑わしいと思います。彼は、「私はこの良いことに相応しいだろう?私は王のように生きたら、いいんじゃない?私はすごい事をしたから。良いものをもらったら、いいんじゃない?」と考え始めたかもしれない。

でも、その態度は何に導いたでしょうか。一つ目は、そのエポデはギデオンとその一族にとって、落とし穴になったことです。なぜならば、イスラエル人はそのエポデを礼拝し始めたから。二つ目は、その態度はギデオンの家族の中でトラブルに導いた。つまり、一人の本当に悪い、また神様を恐れない息子がいた。

私たちが物と地位を追うなら、危ないことです。もし、それが私の優先事項になったら、私たちの人生を罪と災害に導くかもしれない。

「でも、私はその良いものに相応しいでしょう?私はたくさんの良い事をしたから。報酬を受けたら、いいんじゃない?」

そのように考えるのは簡単なことです。でも、私たちのすべての持っているものが神様から来た事を思い出さなくてはならない。もし、神様が私たちに才能と物質的な豊かさをくれなかったら、私たちは何も出来なかった。だから、私たちは謙遜な態度を取ったほうがいいです。また私たちに値するものを求めないべきです。

むしろ、私たちが値するものが死である事を思い出したほうがいいです。しかし、神様は私たちに恵みと哀れみを与えてくださった。ただ、その恵みと哀れみによって、私たちは良いものを持っています。

あなたはどうですか。あなたが値するものを求めているでしょうか。もしくは神様に対して謙遜と感謝深い心を保っているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , , パーマリンク

士師記8章22-35 – でも私は良いことに相応しい。 への1件のフィードバック

  1. Eric Stapleton より:

    それは適切な「感謝の日的」メッセージですね。今度は、「暗い面」という言葉は、私にとって新しい表現です。勉強になりました。やはり、しろまさんのブログが好きでした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中