士師記8章3-21–神様はその行動を本当に承認したか。

時々、私たちは聖書を読むときに、聖書の人々が悪い事をする事を見ます。時々、聖書のヒーローでも、本当にひどい事をする。そして、私たちは訊きます。「神様はそれを承認したか。それは神様の御心だったか。」

特に、神様がその状況について何も解説しないときに、私はそう訊きます。

時々、ある人は悪い事をしたら、聖書で、はっきり書いている。「その行った事は神様の心をそこなった。」

たとえば、ダビデはバテ・シェバと姦淫を犯して、また、その主人を殺したときに、聖書にこう書いてある。

しかし、ダビデの行ったことは主のみこころをそこなった。(サムエル記第二11:27)

でも、他の場合、聖書に神様の感情が全然書いていない。だから、神様が怒ったか、平気か、私たちはよく分からない。だから、多くの人々は考えます。「神様はその行動を承認したかもしれない。もし、承認していなかったら、何で聖書に何も書いていないだろうか。」

でも、それは間違った考え方です。エフタの話で(士師記11章)、私はこのことについて、もっと話します。でも、この箇所でも、スコテとペヌエルという都市に対してのギデオンの行動について考えたら、私は同じ事を考えた。

その都市はガドという部族のものでした。イスラエル人はミデヤン人を追ったときに、彼らはその都市の人々にパンを頼みました。でも、その長老は拒絶した。

どうして、拒絶したでしょうか。彼らが怖がったからかもしれない。もし、イスラエル人がミデヤン人を征服できなかったら、ミデヤン人はその都市に対して復讐をするかもしれない。

でも、この箇所をよく読んだら、もう一つの可能性がある。その長老たちがギデオンの願いを拒絶したときに、彼らはギデオンをからかった。

「あなたたちは馬鹿です。あなたたちが300人しかいないのに、1万5千人の軍隊を攻めるか。私たちは絶対手伝ってあげない。」(15)

だから、ギデオンの勝利の後で、彼はその二つの都市に対して復讐をした。

神様はその行動を承認したか。聖書は沈黙です。実は、多くの聖書の解説者はギデオンが正しいと解釈しています。

それでも、私の意見だけど、多分、神様は承認しなかった。なぜ私はそう思うでしょうか。

このような話を読んで、「神様は承認したか」と訊いたら、ただその一つの話を読まないほうがいいです。聖書の全体の教えを見なくてはならない。

神様はこのような状況について何を教えるでしょうか。

二つの事を見ましょう。一つは正義ということです。神様はイスラエル人に教えた。

いのちにはいのち、目には目、歯には歯、手には手、足には足。(申命記19:21)

それは復讐の教えじゃなかった。むしろ、それは罰の制限でした。つまり、その罰は罪と同等でなくてはならなかった。罰は罪より大きかったらダメでした。

その二つの都市はギデオンの軍隊にパンをあげる事を拒絶したし、ギデオンたちをからかった。荒野の茨やとげの罰、また、やぐらの壊し、また人を殺すことは、その罪に合ったか。

私の意見だけど、私はそう思わない。傷ついたプライドによる復讐みたいです。

二つ目のことは、イエス様の申命記の解説です。

イエス様は言った。

38 『目には目で、歯には歯で』と言われたのを、あなたがたは聞いています。

39 しかし、わたしはあなたがたに言います。悪い者に手向かってはいけません。あなたの右の頬を打つような者には、左の頬も向けなさい。(マタイ5:38-39)

あなたが考えたら、それは本当に心を打つ描写。

イエス様は言った。もし、誰かが、あなたのの頬を打ったら、左の頬も向けなさい。

もし、あなたが右利きだったら、また、相手に向かったら、どうやって相手の右の頬を打つでしょうか。手の後ろでしなくてはならない。でも、大体、相手の体を怪我するために手の後ろを使わない。それは、侮辱する行動です。

だから、イエス様のおっしゃった意味は、もし、誰かがあなたを侮辱するなら、許しなさいということです。その人と喧嘩するな、という意味です。

ギデオンはそうしなかった。もちろん、その都市の長老たちは悪かった。でも、ギデオンの反応も悪かった。左の頬も向けずに、彼は復讐をした。

でも、私のポイントは、聖書に神様がその行動を見て怒ったと書いていないなら、神様がその行動を承認しているわけではないということです。聖書の全体の教えを見なくてはならない。そうしたら、神様の承認かどうか分かるようになります。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

士師記8章3-21–神様はその行動を本当に承認したか。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 士師記11章29-40 – エフタのいけにえを解釈すると | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中