士師記6章 ーー あなたは値し(ない)事を得る

どれぐらい、私たちが悪い決断をすると、他の人々は言いますか。

「自業自得でしょう?」

また、

「同情なんてしませんよ。」

それとも、

「それは当然の報いだよ。」

そして、それはその通りです。聖書に書いてあるのは、

人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。(ガラテヤ6:7)

もし、私たちの人生に、悪い種を蒔けば悪い実が出て来る。

この箇所の初めで、神様はイスラエル人にそのような事を言いました。イスラエル人が神様に背を向けたから、神様はミデヤン人がイスラエル人を迫害する事を許した。

その苦しみの中で、イスラエル人は、また神様に叫び求めた。

でも、神様は答えた。

8 イスラエルの神、主はこう仰せられる。わたしはあなたがたをエジプトから上らせ、あなたがたを奴隷の家から連れ出した。

9 わたしはあなたがたをエジプト人の手と、すべてあなたがたを圧迫する者の手から助け出し、あなたがたの前から彼らを追い出して、その国をあなたがたに与えた。

10 それでわたしはあなたがたに言った。『わたしはあなたがたの神、主である。あなたがたが住んでいる国のエモリ人の神々を恐れてはならない。』ところが、あなたがたはわたしの声に聞き従わなかった。」

つまり、

「あなたたちは値した事を得た。私があなたたちに警告したのに、あなたたちはそれを無視したから、今苦しんでいる。」

それでも、神様はイスラエル人を見捨てなかった。むしろ、彼らの罪なのに、神様は彼らに手を伸ばして救いました。

それは恵みです。私たちは神様から何も値しない。むしろ、私たちは皆神様に背を向けて、自分の道を行っていたから、地獄に行くことに値する。

でも、もし、私たちが神様に叫び求めたら、神様は応える。私たちを愛しているから。

神様は私たちの罪の結果をすべて取り除けるわけじゃないです。あなたの悪い選択によって、苦しむかもしれない。でも、もし、私たちが神様に向かったら、苦しんでも、希望がある。つまり、神様は私たちをまだ愛しているから、私たちの苦しみの中で働いて私たちを助けてくださる。

あなたは悪い選択をしたでしょうか。その選択によって、苦しんでいるでしょうか。神様に向かってください。神様は、あなたを赦して、助けてくださいます。なぜならば、神様は哀れみ深くて、恵み深い神様だから。

ダビデが書いたように、

主よ。まことにあなたはいつくしみ深く、赦しに富み、あなたを呼び求めるすべての者に、恵み豊かであられます。(詩篇86:5)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中