士師記3-4章 – あなたは自分自身を誰に与えるでしょうか。

士師記で、同じテーマが何回も繰り返されます。

士師記3章7-8で、こう書いてあります。

7 こうして、イスラエル人は、主の目の前に悪を行い、彼らの神、主を忘れて、バアルやアシェラに仕えた。

8 それで、主の怒りがイスラエルに向かって燃え上がり、主は彼らをアラム・ナハライムの王クシャン・リシュアタイムの手に売り渡された。こうして、イスラエル人は、八年の間、クシャン・リシュアタイムに仕えた。

また12節で、

そうすると、イスラエル人はまた、主の目の前に悪を行った。彼らの主の目の前に悪を行ったので、主はモアブの王エグロンを強くして、イスラエルに逆らわせた。

そして、4章1-2で、

1 その後、イスラエル人はまた、主の目の前に悪を行った。エフデは死んでいた。

2 それで、主はハツォルで治めていたカナンの王ヤビンの手に彼らを売り渡した。

何回も、士師記を読みながら、そのような言葉を見ます。イスラエル人は偽の神々を礼拝し始めたから、神様がその神々の国の手にイスラエル人を与えた。

そして、イスラエル人は苦しんで、悔い改めて、神様に「助けてください」と祈って、神様が彼らを救う救助者を起こされた。

この箇所で、私たちは大切なことが学べると思います。私たちは自分自身を何かに捧げたら、そのものの奴隷になる。もし、私たちは自分自身を罪に捧げたら、罪の奴隷になる。でも、もし、私たちは自分自身を神様に捧げたら、神様の奴隷になる。

以前言ったように、「あなたは誰かに仕えなくてはならない。」

パウロはこのように言っていた。

あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。(ローマ6:16)

時々、人々は、「神様から離れたら、私は自由です。私は何でも出来る。」と思います。

でも、彼らが分からないのは、他のものの奴隷になっていることです。たとえば、自分の情欲か貪欲の奴隷になりました。そして、パウロが言ったように、そのもの行き着く所は恥と死です。(ローマ6:21-22)

たくさんの人々は、「どうして、私の人生は、めちゃくちゃになっただろうか」と思います。

「どうして、私の結婚はめちゃくちゃだろうか。どうして、私の経済はダメだろうか。どうして、私の悪い癖を止められないだろうか。」

そして、彼らが分かったのは、自由と思ったものは本当に奴隷の人生ということです。また、その人生が死に導くことを分かるようになる。

だから、パウロは書いた。

あなたがたは、以前は自分の手足を汚れと不法の奴隷としてささげて、不法に進みましたが、今は、その手足を義の奴隷としてささげて、聖潔に進みなさい。(6:19)

あなたはどうですか。あなたは自分自身を誰に捧げているでしょうか。何のものに捧げるでしょうか。誰も本当に自由じゃないです。情欲に仕えて、奴隷になって、滅びる人生が出来る。それとも、あなたは神様に仕えて満ち溢れる人生が出来る。どうしますか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 士師記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中