ヨシュア記23-24章 ーー 誰に仕えるでしょうか

昔、有名な歌手ボブ・ディランは歌った。

確かに、誰かに仕えなくてはならない。
必ず誰かに仕えなくてはならない。
悪魔に仕えるかもしれない。
主に仕えるかもしれない。
けれども、誰かに仕えなくてはならない。

ディランはその歌を1979年に書いた。その時、それは本当のことだったし、ヨシュアの時代でも本当だったし、今でも本当です。

この箇所で、ヨシュアはイスラエル人に神様が彼らのために何をしてくれた事を思い出させた。でも、彼らが神様に背を向けたら、神様が彼らを罰する事を警告した。

そして、ヨシュアはイスラエル人にアブラハムの父テラについて思い出させた。つまり、テラは他の神々に仕えた。それだけではなくて、イスラエル人もエジプトで他の神々に仕えた。その後で、ヨシュアは言った。

14 今、あなたがたは主を恐れ、誠実と真実をもって主に仕えなさい。あなたがたの先祖たちが川の向こう、およびエジプトで仕えた神々を除き去り、主に仕えなさい。

15 もしも主に仕えることがあなたがたの気に入らないなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖たちが仕えた神々でも、今あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたが仕えようと思うものを、どれでも、きょう選ぶがよい。私と私の家とは、主に仕える。」(24章14-15)

私たちは同じ決断に直面する。私たちは誰に仕えるでしょうか。神様に仕えるでしょうか。自分自身に仕えるでしょうか。

お金に仕えるでしょうか。セックスの「神」に仕えるでしょうか。力の「神」に仕えるでしょうか。

誰に仕えるでしょうか。

ヨシュアは言った。「あなた方が何を決めても、私と私の家族は神様に仕える。」

多分、このブログを読んでいる人々は、同じ事を言う。でも、神様に仕えると言うのは、どういう意味でしょうか。

一つ目は、他の偶像を捨てると言う意味です。この世界は、いろんな偶像がある。仏教とヒンズーの偶像だけではなくて、お金の「偶像」があるし、セックスの「偶像」があります。何かを礼拝するなら、それは偶像です。でも、神様に仕えたいなら、神様を一番にするべきです。ほかの事を神様の支配の下に置くべきです。

ヨシュアはこう言った。

今、あなたがたの中にある外国の神々を除き去り、イスラエルの神、主に心を傾けなさい。(24:23)

もちろん、それは、お金のすべてを捨てて、結婚の中でもセックスを断って、リーダーシップの立場を辞めるわけではない。でも、何をしても、あなたの心を神様に傾けなくてはならない。

つまり、「神様、あなたは私の人生の支配者です。セックスでも、お金でも、私の立場でも、私の人生のすべてを支配してください」と言う心が必要です。

そして、今まで、ほかの神々を礼拝して、つまり、仏陀とかアラーとか礼拝したら、それを辞めなくてはならない。なぜならば、二つの主を礼拝してはいけないからです。

ヨシュアは言った。

主は聖なる神であり、ねたむ神である。(24:19)

神様に仕えるのは、二つ目の意味があります。それは、神様を愛して、従うということです。

ヨシュアは言った。

あなたがたは、モーセの律法の書に記されていることを、ことごとく断固として守り行い、そこから右にも左にもそれてはならない。。。あなたがたは、十分に気をつけて、あなたがたの神、主を愛しなさい。(23:6,11)

イエス様も言った。

わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛する人です。(ヨハネ14:21)

でも、もう一つのこと覚えていなくてはならない。私たちは自分の力で、神様に仕えられない。

ヨシュアはイスラエル人に言った。

あなたがたは主に仕えることはできないであろう。(24:19)

多分、ヨシュアがそう言った時に、ただイスラエル人をチャレンジを与えたかったのだと思う。

つまり、「本当に神様に仕えるか。真剣に約束しているか。」

でも、ヨシュアの言葉は文字通りに正しかった。聖霊が私の心の中で働かないと、私たちは神様に仕えられない。聖霊が私たちを変えないと私たちは神様に仕えられない。

だから、毎日私たちは祈らなくてはならない。「聖霊様、毎日毎日、私の心を一新してください。私があなたのようになるように助けてください。あなたに仕えたいから。」

神様に仕えるのはそういう意味です。

あなたは誰に仕えるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中