ヨシュア18章 – 神様があなたに与えたいものを捕まえること

「神様は本当に私を祝福したいのだろうか。私のために本当に良い計画があるのだろうか。神様は約束を本当に守るだろうか。」

時々、私たちはその疑問と闘うから、神様が与えたいものを捕まえることをためらう。

イスラエル人も、そのような疑いと闘っていた。勝利がたくさんあったのに、彼らは神様が約束した土地をまだ占領していなかった。どうしてか、私は分からない。

もう占領した土地に満足していたかもしれない。もしくは、彼らは知らないことを怖がっていたかもしれない。もしくは、彼らより強い人々と戦うことを怖がっていた。

私は本当の理由が分からないけど、彼らはためらった。だから、ヨシュアは彼らを叱った。

あなたがたの父祖の神、主が、あなたがたに与えられた地を占領しに行くのを、あなたがたはいつまで延ばしているのか。(3)

そして、ヨシュアは彼らに命令した。

部族ごとに三人の者を選び出しなさい。彼らが立ってその地を行き巡るように、私は彼らを送り出そう。彼らはその地についてその相続地のことを書きしるし、私のところに来なければならない。

どれぐらい、私たちはイスラエル人のように、先を進むのを怖がって、神様が与えたいものを捕まえないでしょうか。だから、私たちは何もせずに、ただ座ってしまいます。でも、そうすれば、何も起こらない。

信仰によって歩かなくてはならない。神様が私たちのために良い計画があることを信じて、神様の導きを信頼しなくてはならない。

私はずっと、日本で妻を捜していて、フラストレーションを感じた。だから、結局、私は計画を作った。どんな妻が欲しいか考えて、リストを書いた。その後で、リストを見て、「何が必要か」のポイントと「何が欲しいか」のポイントを区別した。

その後で、私の周りの女性たちを見て、誰がそのリストに合ったか考え始めました。そして、デートするためにある女性に電話しようと思った。

でも、その時、本当に可笑しいことが起こった。神様はそのプロセスに介入してきました。

本当に良い女性がいると思ったけど、ちょっと遠く住んでいました。だから、その人を諦めて、違う人に電話しようと思った。でも、その人に電話する前に、神様がその最初の人を私の目の前に置いていた。私たちはメールを書き始めて、そして、電話し始めました。その後で、彼女は神戸に引っ越した。一年後で、私たちは結婚した。今年で、もう八年になった。

(聡子、愛しているよ。( ゚∀゚)ノ)

とにかく、私は神様の良い計画を捕まえるために踏み出したから、そのプロセスは始まった。もし、何もしなかったら、何も起こらなかったかもしれない。 でも、私が動き始めたら、神様は働き始めた。

あなたは、自分の人生でフラストレーションを感じているでしょうか。何も起こらなくて、フラストレーションを感じているでしょうか。計画し始めてください。動き始めてください。そうすれば、神様の働きを見るでしょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中