ヨシュア記17章 – 追い出さない罪

私たちは皆、罪と戦う。私たちの人生から追い出しにくい罪もあります。男性たちにとっては情欲は特に難しいです。(女性たちがどんな罪と戦うか分からない。)

でも、その戦いは大変だから、「もう仕方がない。その罪を征服できない。」と言って、諦めるのは簡単です。

残念なことだけど、カナンで、イスラエル人は、その態度を取った。ヨシュアがマナセ族にどの土地が自分の物か教えたのに、17章12-13節でこう書いてある。

12 しかしマナセ族は、これらの町々を占領することができなかった。カナン人はこの土地に住みとおした。

13 イスラエル人は、強くなってから、カナン人に苦役を課したが、彼らを追い払ってしまうことはなかった。

イスラエル人はカナン人と契約を結んで、カナン人がイスラエル人に仕えたけど、神様の命令に従わず、カナン人を追い出さなかった。

時々、私たちも頑固な罪に直面する。私たちはその罪を追い出そうと思うのに、その罪が私たちの中に住みとおす。だから、その罪とちょっと「契約」と結ぶ。

「あなたが私をいつも支配することを許さないけど、私の人生に留まっていいです。」

そして、時々、私たちはその罪に落ちる。

14-18節で、マナセ族とエフライム族は「私たちの土地は狭すぎる」と文句を言った。

ヨシュアは、ほかの所を勧めたときに、彼らが返事した。

谷間に住んでいるカナン人も、ベテ・シェアンとそれに属する村落にいる者も、イズレエルの谷にいる者もみな、鉄の戦車を持っています。(16)

つまり、「無理です。彼らは強すぎるから。」

私たちも罪と戦うときに、同じようなことをよく言います。神様は私たちに言います。「あなたは、その罪を征服ことが出来る。勝利が出来るよ。」

しかし、私たちは返事します。「無理です。その罪は強すぎるから。」

でも、ヨシュアは彼らに何を言いましたか。

あなたは数の多い民で、大きな力を持っている。。。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いのだから、あなたは彼らを追い払わなければならないのだ。(17-18)

ヨシュアは本当に大切なことを言いました。それは、彼らが一緒に戦うと、その敵を征服できる力があるということです。

私たちもその通りです。罪と戦うときに、周りのクリスチャンに助けを頼んだほうが良いです。つまり、彼らに祈って欲しいと頼めるし、「私に時々その罪を犯したかどうか、訊いてください」と頼んだほうがいいです。

そうすれば、私たちは一緒に強くなって、罪を追い出せるようになる。

あなたはどうですか。その頑固な罪と戦っているでしょうか。もしくは、言い訳を言って、留まることを許すでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中