ヨシュア記14章ーー神様は忠実です。私たちは?

カレブの話を読んだら、すごいと思う。40歳のときに、彼は、神様が約束した土地を見に行きました。でも、彼とヨシュアだけは神様がその土地をイスラエル人に与えると信じた。だから、彼らの同じ年のイスラエル人たちは亡くなったけど、神様の恵みによって彼らは生き続けた。それに、彼らはまだ元気でした。

カレブは85歳だったけど、言いました。

10今や私は、きょうでもう八十五歳になります。

11 しかも、モーセが私を遣わした日のように、今も壮健です。私の今の力は、あの時の力と同様、戦争にも、また日常の出入りにも耐えるのです。

神様はずっとカレブに忠実だった。また、カレブは神様にずっと忠実でした。彼は健康だったし、彼の信仰もまだ強かった。だから、カレブは言った。

どうか今、主があの日に約束されたこの山地を私に与えてください。あの日、あなたが聞いたように、そこにはアナク人がおり、城壁のある大きな町々があったのです。主が私とともにいてくだされば、主が約束されたように、私は彼らを追い払うことができましょう。(12)

カレブは45年前に神様を信じていましたが、イスラエル人がやっと約束の地に入った時もやはり神様を信じていました。そして、アナク人を征服するのは無理みたいだったのに、カレブは全然疑わなかった。どうしてでしょうか。神様が約束したから。そして、カレブは神様の約束を信じた。

あなたはどうですか。神様が忠実な方であることを信じるでしょうか。神様が約束を守ることを信じるでしょうか。

そして、あなたは神様に忠実でしょうか。神様があなたを助けてくれることを信じるから、神様に従いますか。

神様、私がカレブのようになるように祈ります。振り返ったら、あなたは、いつも私に忠実でした。だから、私はあなたに忠実でありますように。あなたは全然変わらない神です。だから、過去で、あなたが私に忠実だったように、未来にも、あなたは忠実です。それを感謝します。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, Uncategorized, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中