ヨシュア記10章 – 私たちを聞いている神、私たちのために戦う神

この箇所で、本当に素晴らしくて、信じられない奇跡について読みます。この箇所によれば、日は動かず、月はとどまった。(13)

だから、イスラエル人は十分な光があって、敵を敗ってしまうことができた。

日が動かなかったということは、どういう意味でしょうか。もちろん、文字通りに解釈できない。なぜならば、太陽は動かないものだから。だから、神様はこの地球と他の惑星を止めた。それとも、神様は惑星の自転を遅くした。でも、そうだったら、神様は物理法則を変えなくてはならなかった。どうやって出来たか、私はよく分からない。

他の学者は、神様が何だか光を屈折したと思う。だから、地球はまだ動いていても、光がたっぷりあった。

何が起こったか分からないけど、一番大切なポイントは14節で読みます。

主が人の声を聞き入れたこのような日は、先にもあとにもなかった。主がイスラエルのために戦ったからである。

私たちは皆、辛い時があります。難しい上司とか、大変な結婚とか、他の辛い人間関係があるかもしれない。自分の人生の中で罪と戦っているかもしれない。もしくは、がっかりしているとか、鬱病と戦っているかもしれない。

そして、私たちは「神様は本当に私を愛しているでしょうか。神様は本当に私の人生の中で働いているでしょうか。」と思います。

でも、神様はヨシュアの祈りを聞いて、イスラエル人のために戦ったように、私たちの祈りも聞いてくれるし、私たちのためにも戦ってくれる。だから、どんなに辛い状態に入ってもがっかりしないでください。神様はあなたを必ず聞いているし、あなたのために戦います。

主よ。あなたは素晴らしい神です。ヨシュアの時代にあなたは素晴らしい奇跡を行いました。この年のうちに、それをくり返してください。この年のうちに、それを示してください。(ハバクク3:2)

私の人生の中で働いてください。私のために戦ってください。私たちの試練の中で、助けてください。そして、私たちはあなたからの勝利を祝います。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中