ヨシュア記8章 ーー 戦いに走りましょう

「神様はまだ私を用いることができるでしょうか。もしくは、私は、もうだめでしょうか。」

クリスチャンは失敗するときに、特に罪を犯す時に、そうよく考えます。イスラエル人も、そう考えたかもしれない。

アカンの罪によって、彼らはアイで敗れました。彼らはその罪を扱ったけど、まだ不安があったかもしれない。

「神様はまだ私達と共にいるでしょうか。もしくは、神様の約束はもう無効になったでしょうか。」

だから、神様はヨシュアにこう言いました。

恐れてはならない。おののいてはならない。戦う民全部を連れてアイに攻め上れ。見よ。わたしはアイの王と、その民、その町、その地を、あなたの手に与えた。(1)

つまり、「ヨシュア、あなた達は本当に失敗した。そして、その罪のために苦しんでいた。でも、その罪をもう扱った。だから、立ち上がりなさい。恐れないでください。私があなたたちに敵対することを心配しないでください。私はあなたを捨ていないから、がっかりしないでください。むしろ、私の命令に従って、そのアイの戦いに走りなさい。私は必ずあなたたちに勝利を与えるから。」

私達は失敗するときに、神様は同じことを言います。私達は悔い改めるときに、時々「本当に大丈夫でしょうか。神様は私を本当に赦してくださったでしょうか。」と思います。

でも、神様は私達に言います。「あなたは失敗した。でも、あなたはその罪を告白したから立ち上がりなさい。私はまだあなたと共にいる。がっかりしないでください。さあ、私の言葉に従って、戦いに戻りなさい。」

私達はどんな戦いに入っているでしょうか。

聖書で書いてあるのは、私達が霊的な戦いに入っていることです。サタンとその悪霊と戦っている。それに、私達は人々の魂のために戦っている。つまり、私達はイエス・キリストを知らない人々が神様と個人的な関係ができるように働きます。

サタンはそう知っている。もし、サタンがあなたがクリスチャンになることを止められないなら、あなたが非効果的な戦士になるように働きます。

だから、私達が罪を犯す時に、サタンは私達をがっかりさせたいです。彼はこう言います。

「あなたはもうダメです。あなたの罪が見えるでしょう?どうやって、神様はあなたを用いることができるでしょうか。あなたの信仰について、もう黙ったほうがいいでしょう?なぜならば、誰もあなたの言葉をもう信じないから。」

でも、神様はそう言わない。私達が自己憐憫に陥って欲しくない。むしろ、神様が私たちに伝えたいのは、「あなたをまだ愛します。私はまだあなたを用いることができる。」ということです。

だから、がっかりしないでください。

あきらめないでください。

立ち上がりなしさい。

そして、戦いに走りましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中