ヨシュア記7章 – 隠すことができない。

私は関西にずっと住んでいて、関西弁をちょっと話します。関西で、多くの人々は「あかん」という言葉をよく使います。ちょっと可笑しいけど、今日の箇所で、「アカン」という人がいる。それに、アカンは本当にあかんかった。(ごめん。私の前の牧師は、その駄洒落を使って、私は忘れられない。)

とにかく、アカンはイスラエル人を本当に困らせた。

イスラエル人はエリコを征服した後で、神様が命令した。「すべてを破壊しなさい。」

しかし、アカンは自分のために服とか、金とか、銀を取りました。そして、イスラエル人はアイという都市と戦ったら、神様が彼らと共にいなかったから、イスラエル人が恐れて、逃げました。

ヨシュアとイスラエル人は失望して、「何で、そんな大変なことが起こったでしょうか。」と尋ねた。

でも、神様は答えた。「立ちなさい。イスラエル人たちは罪を犯したから、敗れた。その罪を追い出さないまで、何もうまくいかない。」

だから、イスラエル人は神様の前に立って、神様がアカンの罪を明らかにした。その罪を扱った後に限り、イスラエル人は神様の計画をもう一度成就し始めることができた。

私たちも、その通りです。時々、私たちは心の中で罪を隠して、「誰も知らないからいいや。」と思う。でも、上手に隠しても、神様から隠せない。

その事件の前に、神様は言った。

あなたがたの罪の罰があることを思い知りなさい。(民数記32:23)

つまり、どんなに上手に罪を隠しても、あなたは必ず罰を受ける。

アカンはその通りです。

なぜ、罪はそんなに悪いでしょうか。二つの理由があります。

一つ目は、私たちの罪は他の人に影響を与えることです。そのつもりがなくても、他の人に影響を与える。多分、アカンは、「私は悪いかもしれないけど、他の人を傷つけないから、大丈夫だろう?」と思った。でも、その罪によって、イスラエル人はアイで敗走した。

二つ目は、罪は私たちの人生の中で、神様の計画が実現することを阻むことです。罪を犯しても、神様は私たちを捨てない。神様はそう約束した。でも、神様は私たちを祝福しない。だから、神様の祝福を経験したいなら、罪を隠してはならない。私たちの罪を扱わなくてはならない。

でも、いい知らせがあります。神様はいつも、喜んで赦してくださいます。第一ヨハネ1:9で、こう書いてあります。

もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。

だから、決して罪を隠さないでください。むしろ、神様の前に来て、告白しましょう。そうすれば、神様は私たちを赦してくださって、祝福します。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中