ヨシュア6章 ーー 私達の人生の中で、悪を建て直すこと

この話を何回も読んだけど、今回は、一番印象残っているところは最後の部分です。エリコを破壊した後で、ヨシュアはこの呪いを言った。

この町エリコの再建を企てる者は、主の前にのろわれよ。その礎を据える者は長子を失い。その門を建てる者は末の子を失う。(26)

何年か後で、ある人は建て直そうと思った時に、ヨシュアが言ったようにその人が呪われた。(列王記 第一16:34)

どうして、ヨシュアはその呪いを言ったでしょうか。多分、エリコは悪のシンボルだから。エリコの中で、その人々は売春とか、子供の生贄とか、偶像礼拝を行いました。神様がイスラエル人に、その人々を攻撃して、その土地を取ることを命令した一つの理由は、その悪を取り除くことです。

だから、ヨシュアはこう言いました。「この悪はもう戻らないように。もし、誰かがその悪を建て直したら、神様はその人を呪います。」

私達はどうですか。私達の人生の中で、悪を建て直しているでしょうか。聖書で書いてあるのは、私達がクリスチャンになる時に、私達の「古い人」、つまり、私達の以前の考え方と生き方は、キリストとともに十字架につけられた。だから、私達は、もう罪の奴隷じゃない。(ローマ6:6)

でも、私達はわざと罪を犯すことを選んだら、その古い人をよみがえさせるようです。そうしたら、その罪は私達を滅ぼす。もちろん、私達の魂を滅ぼさない。神様は私達をもう救ったから。でも、罪はこの世で私達の人生を滅ぼすことができる。私達の結婚を滅ぼすことができるし、私達の人間関係を滅ばすことができるし、私達の評判を滅ぼすことができるし、私達が大事にするものを全部滅ぼすことができる。

その意味で、罪深いの生活を建て直す人は呪われたと言えます。

だから、パウロはこう書いた。

11 このように、あなたがたも、自分は罪に対しては死んだ者であり、神に対してはキリスト・イエスにあって生きた者だと、思いなさい。

12 ですから、あなたがたの死ぬべきからだを罪の支配にゆだねて、その情欲に従ってはいけません。

13 また、あなたがたの手足を不義の器として罪にささげてはいけません。むしろ、死者の中から生かされた者として、あなたがた自身とその手足を義の器として神にささげなさい。

14 というのは、罪はあなたがたを支配することがないからです。なぜなら、あなたがたは律法の下にはなく、恵みの下にあるからです。

あなたはどうですか。あなたの人生の中で、罪を建て直しているでしょうか。それとも、罪を死んでいるままで葬って、キリストのために生きているでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中