ヨシュア5章13ー15 ーー 誰が誰の味方でしょうか。

去年、アメリカでは、ティム・ティーボウという人が有名になった。彼は、アメリカン・フットボールの選手です。彼のポジションはクォーターバックです。普通のクォーターバックは、良いリーダーだし、ボールを投げるのは上手な人。ティーボウは良いリーダーだけど、ボールを投げるのはめちゃくちゃ下手です。それにしても、彼のチームは6連勝して、皆はびっくりした。

でも、どうしてティーボウはそんなに有名か、もう一つの理由がありました。彼はクリスチャンです。そして、彼は、いつも自分の信仰について話します。インタービューされる時に、いつも彼は神様をほめたたえる。だから、時々、人々は彼を批判する。

つまり、「神様が彼に試合を勝てるように手伝ってくれると思うか」と言います。

しかし、彼は全然そう言わない。実は、私は神様がどのチームが勝つかあまり気にしないと思う。(でも、時々、私の好きなチームの為に祈ります。:))

多分、ティーボウが言うのは、「神様が私の味方と言うよりも、私は神様の味方です」ということです。

この箇所で、ヨシュアはそれを学ばなくてはならなかった。

ある日、ヨシュアは、知らない人を見た。だから、ヨシュアは言った。

あなたは私たちの味方ですか。それとも私たちの敵なのですか。(13)

そして、その人は答えた。

いや、わたしは主の軍の将として、今、来たのだ。(14)

多くの学者は、その人がイエス様だと信じる。だから、その人は言った。

あなたの足のはきものを脱げ。あなたの立っている場所は聖なる所である。(15)

ヨシュアはそうしてから、その人が神様の戒めを伝えた。

私達はよく自分自身に訊きます。「神様は私の味方でしょうか。」

多分、それは良い質問です。神様はよく「私はあなたの味方だ」と言います。でも、それよりも、この質問を訊いたほうがいいです。「私は神様の味方でしょうか。」

つまり、私達は神様の御言葉に従っているでしょうか。

それは、主の将軍のポイントでした。大切なのは、神様はヨシュアの味方かどうかということではなかった。一番大切なのは、ヨシュアは神様の味方かどうかということでした。

ヨシュアは神様に対して柔らかい心があって、神様の味方になったから、神様が彼を用いることができた。私達もその通りです。

あなたはどうですか。誰の味方でしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中