ヨシュア記2章 ーー あなたの家族を救うこと

私はクリスチャンホームで育って、良かったと思う。だから、私の父が亡くなった時に、天国に行ったので、私の家族が慰めを得た。でも、たくさんの人々は自分の家族についてそのような平安がありません。だから、彼らは家族のために祈ります。

それは、ラハブの希望でした。ラハブはイスラエル人がエリコを攻撃することを知っていたので、イスラエルの斥候に頼んでいた。「私と私の家族を生かしてください。」

そして、その斥候たちは答えた。

17 その人たちは彼女に言った。「あなたが私たちに誓わせたこのあなたの誓いから、私たちは解かれる。

18 私たちが、この地に入って来たなら、あなたは、私たちをつり降ろした窓に、この赤いひもを結びつけておかなければならない。また、あなたの父と母、兄弟、また、あなたの父の家族を全部、あなたの家に集めておかなければならない。

19 あなたの家の戸口から外へ出る者があれば、その血はその者自身のこうべに帰する。私たちは誓いから解かれる。しかし、あなたといっしょに家の中にいる者に手をかけるなら、その血は私たちのこうべに帰する。

斥候たちはラハブとその家族のために救いの方法を備えた。赤い紐をラハブの家の窓に結びつけておかなくてはならなかった。それだけではなくて、イスラエルが攻撃する時にラハブとその家族はその家にずっといなくてはならなかった。

神様も、そのように、私達の救いの方法を備えた。私達はクリスチャンになる時に、神様は聖霊を持って証印を押されました。(エペソ1:13)

でも、私達は家族も救って欲しいなら、彼らも、その証印が必要です。他の方法がないです。

ラハブの家族が救われるのには、ラハブは彼らにその備えられた方法について話さなくてはならなかった。私達も、そうしなくてはならない。家族に何も言わずに、彼らのために祈るのは足りないです。

私達が自分の救いの中で留まって、ただ家族が救われるように希望するのはダメです。私達は口を開けて、言わなくてはならない。

ラハブは、そうしたからその家族は救われた。

あなたはどうですか。あなたの家族にとっては、イエス様を知っている人はあなたしかないかもしれない。あなたは彼らにイエス様について教えるでしょうか。彼らを神様の家に導くでしょうか。もしくは、神様から離れて、彼らを死なせるでしょうか。

13 「主の御名を呼び求める者は、だれでも救われる」のです。

14 しかし、信じたことのない方を、どうして呼び求めることができるでしょう。聞いたことのない方を、どうして信じることができるでしょう。宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう。(ローマ10:13ー14)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨシュア記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中