ヨブ記27-31章ーーヨブの最後の弁解

ヨブはこの箇所で、一番長いスピーチをする。それはヨブの最後の弁解です。

27章で、もう一度、「私はこの苦しみに値していないよ」と言います。そして、彼はその友達について言った。

7 私の敵は不正をする者のようになれ。私に立ち向かう者はよこしまな者のようになれ。

8 神を敬わない者の望みはどうなるであろうか。神が彼を断ち切り、そのいのちを取り去るときは。

9 苦しみが彼にふりかかるとき、神は彼の叫びを聞かれるであろうか。

そして、彼は言った。「あなたは悪人だけが呪われる」と言ったでしょう?じゃあ、あなたたちは冤罪の罪を犯したから、呪われるよ。」

その後で、ヨブはその友達の悪人の呪いについての教えを繰り返して、「その言葉はあなたのためですよ」と言っていた。

そして、自分の弁解を続けました。28章で知恵について話しました。つまり、人々は金と銀を鉱山から取られるけど、神様の御告げがないと、誰も知恵の宝が見つけられない。それに、神様が彼らに教えないと、彼らは知恵の価値が分からない。

でも、ヨブは言った。「神様は知恵を現した。」

それは、

主を恐れること、これが知恵である。悪から離れることは悟りである。(28:28)

ヨブは文句を言っても、彼は本当の知恵は何かを否定しない。つまり、彼は主を恐れ続けました。

それでも、29章から31章まで、もう一度、彼の苦しみについて文句を言い始めました。

29章で、彼の前の人生について話しました。以前、彼は尊敬されたし、正しいことをした。つまり、貧しい人を助けたし、身寄りのない人と未亡人に哀れみを示した。また弱い人を助けました。だから、神様がヨブを祝福するはずだと思った。

でも30章で、ヨブは文句を言った。「神様は全部を取られた。皆は私をからかっている。それに、神様は私の祈りを全然聞いてくれない。」

そして、30-31章で、ヨブは訊いた。「私は貧しい者を助けたでしょう?苦しんでいた人のために悩んでいたでしょう?私は清い目を保ったでしょう?もし、私が姦淫を犯したり、貧しい人を助けなかったり、お金を私の神にしたり、偶像礼拝したり、私の敵の苦しみを見て喜んだり、私の罪を隠したりしたら、どうぞ、私を罰してください。でも、私は全然何もしなかった。

これは私の弁解です。それに署名している。じゃあ、神様、私を責めたいなら、何か言ってください。」

この箇所で、何を学べるでしょうか。二つのことがあると思う。

一つ目は、ヨブの友達の「悪人だけが苦しむ」の考え方は間違っていたことです。

でも、二つ目は、ヨブの「私が苦しみに値しないから、苦しまない」の考え方も間違っていたことです。

私たちが住んでいる世界は壊れた。地震があるし、台風があるし、自然災害がある。この世界に、病気も死もある。この世界に、罪によって堕落された人がいっぱいいる。そして、彼らの行動は私たちに影響を与える。

それに、サタンもいる。また、サタンにはたくさんの手伝い手がいる。彼らは私たちを憎んで、私たちを攻撃する。

このすべては私たちに影響を与える。だから、神様は全然、「あなたは決して苦しまない」と約束しない。

むしろ、神様は反対のことを約束する。イエス様は言った。

あなたがたは、世にあっては患難があります。(ヨハネ16:33)

イエス様は「あなたがたは、世にあっては患難があるかも知れない」と言わなかった。

「あなたがたは、世にあっては患難があります」と言っていた。

あなたは、この世界に一番賢くて、一番正しい人かもしれない。それでも、苦しみが来る。イエス様はすべての人々よりも、賢くて正しかったけど、苦しんでいた。私たちはイエス様にまさるものでしょうか。

時々、クリスチャンたちは「私たちが苦しまないように、イエス様は私たちのために苦しんでいた」と言います。でも、それは違います。イエス様は私たちをあがなうために苦しんでいた。また、いつか、すべてが新しくなるようにイエス様は苦しんでいた。その日はまだ来ていないけど、必ず来る。

だから、苦しむときに、その日を待ち望みましょう。

パウロはこう書いた。

18 今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。

19 被造物も、切実な思いで神の子どもたちの現れを待ち望んでいるのです。

20 それは、被造物が虚無に服したのが自分の意思ではなく、服従させた方によるのであって、望みがあるからです。

21 被造物自体も、滅びの束縛から解放され、神の子どもたちの栄光の自由の中に入れられます。

22 私たちは、被造物全体が今に至るまで、ともにうめきともに産みの苦しみをしていることを知っています。

23 そればかりでなく、御霊の初穂をいただいている私たち自身も、心の中でうめきながら、子にしていただくこと、すなわち、私たちのからだの贖われることを待ち望んでいます。

24 私たちは、この望みによって救われているのです。目に見える望みは、望みではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。

25 もしまだ見ていないものを望んでいるなら、私たちは、忍耐をもって熱心に待ちます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨブ記, 諸書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中