ヨブ記1-2章 – 私たちが神様を礼拝する理由

私たちはイスラエル人の歴史をちょっと休憩して、ちょっとヨブ記を勉強する。二つの理由がある。

一つは、いつヨブが生きていたか、私たちは分からないけど、多分、彼がアブラハムの時代に生きていてた。もしかしたら、モーセの時代に生きていたかもしれない。とにかく、ヨブの話はモーセ五書の時代に起こりました。そして、このブログのために、できるだけ、聖書を読むのが時系列順にしたいです。

二つ目の理由は、私たちの教会は新しいメッセージ・シリーズを始める。そのテーマは「私たちが苦しむときに、神様はどこにいるでしょうか」ということです。そして、多分このブログとそのメッセージシリーズは強い関係があるかもしれない。

とにかく、ヨブについて、聖書でこう書いてあります。

この人は潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっていた。

それに、神様は彼を豊かに祝福した。彼は、

東の人々の中で一番の富豪でした。(1:3)

でも、急に、その平和な人生がなくなった。

神様はサタンと話したときに、ヨブについて誇りました。

おまえはわたしのしもべヨブに心を留めたか。彼のように潔白で正しく、神を恐れ、悪から遠ざかっている者はひとりも地上にはいないのだが。(1:8)

でも、サタンは答えた。

9 ヨブはいたずらに神を恐れましょうか。

10 あなたは彼と、その家とすべての持ち物との回りに、垣を巡らしたではありませんか。あなたが彼の手のわざを祝福されたので、彼の家畜は地にふえ広がっています。

11 しかし、あなたの手を伸べ、彼のすべての持ち物を打ってください。彼はきっと、あなたに向かってのろうに違いありません。」 (1:9-11)

そして、神様は、サタンにヨブを攻撃する許可を与えた。サタンは一日でヨブの物を破壊したし、息子たちと娘たちを殺した。

ヨブの反応は何だったでしょうか。

彼はもちろん泣いていた。でも、その後で、ヨブは神様を礼拝した。

私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。は与え、は取られる。の御名はほむべきかな。(1:21)

ヨブは全然罪を犯さなかったから、サタンは神様に言った。

4 皮のかわりには皮をもってします。人は自分のいのちの代わりには、すべての持ち物を与えるものです。

5 しかし、今あなたの手を伸べ、彼の骨と肉とを打ってください。彼はきっと、あなたをのろうに違いありません。(2:4-5)

もう一度、神様はサタンにヨブを攻撃する許可を与えたから、サタンは「ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫瘍で彼を打った。」 (2:7)

その時、ヨブの妻の忍耐が消えちゃった。

彼女は言った。

それでもなお、あなたは自分の誠実を堅く保つのですか。神をのろって死になさい。(2:9)

でも、ヨブは答えた。

あなたは愚かな女が言うようなことを言っている。私たちは幸いを神から受けるのだから、わざわいをも受けなければならないではないか。(2:10)

私たちが、ヨブの人生について考えるなら、大切なことを考えるべきです。どうして、私たちは神様を礼拝するでしょうか。どうして、神様に従うでしょうか。神様からの祝福だけのためでしょうか。

ヨブは、そのような人じゃなかった。神様がしてくれたことのために礼拝しなかった。むしろ、神様が礼拝に値する方だから、ヨブは礼拝した。神様がヨブを祝福しても、祝福しなくても、礼拝に値する方だし、ヨブの信頼に値する方だから、ヨブは神様を礼拝して、従い続きました。問題がたくさんあっても、礼拝して、従い続きました。

あなたはどうですか。どうして、あなたは神様を礼拝するでしょうか。神様があなたを祝福したからでしょうか。あなたの得のために従うでしょうか。あるいは、神様が礼拝に値する方だから礼拝するでしょうか。神様があなたの信頼に値する方だから、従うでしょうか。

真の礼拝者は神様が何をしてくださったことだけのために礼拝しない。真の礼拝者は神様が礼拝するべき方だと思うから、礼拝する。また、真の礼拝者は大変なことが起こっても、神様が良い方であることを信じ続けます。

あなたはどのような礼拝者でしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨブ記, 諸書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中