申命記31-32章 – 命を与える言葉、命を与える人

神様はイスラエル人の性格に関して自分を誤魔化していなかった。彼らの不誠実な性格をよく覚えていたし、将来にも彼らが不誠実になることをよく知っていた。だから、神様はモーセに歌を書きなさいと命令した。なぜならば、イスラエル人が神様に背を向けることによって、彼らの人生が大変になったら、その理由が分かるからです。

その歌はイスラエル人に対して神様の慈しみとイスラエル人の不誠実さについてです。この歌は彼らを警告するためだったけど、イスラエル人に希望を与えるためです。神様は言った。

今、見よ。わたしこそ、それなのだ。わたしのほかに神はいない。わたしは殺し、また生かす。わたしは傷つけ、またいやす。わたしの手から救い出せる者はいない。(32:39)

でも、一番印象に残っている言葉は46-47節です。モーセは言いました。

46あなたがたは、私が、きょう、あなたがたを戒めるこのすべてのことばを心に納めなさい。それをあなたがたの子どもたちに命じて、このみおしえのすべてのことばを守り行わせなさい。

47 これは、あなたがたにとって、むなしいことばではなく、あなたがたのいのちであるからだ。(32:46-47)

つまり、「注意しなさい。この言葉に従ったら、命を得られる。」

神様は私たちに同じことを言う。書いた言葉だけについてではなくて、生きている言葉についても言います。「生きている言葉」というのはイエス様です。

イエス様は神さまの本質の完全な現れです。イエス様はこの世に来て、神様の性格を説明したし、どのように私たちが神様を喜ばせるか教えた。そして、イエス様は十字架で私たちの罪のために死なれた。

私たちに対しては、イエス様の人生の話はむなしいことではないです。そう考えてはいけないです。私たちがイエス様を信じたら、イエス様は私たちに命を与えるからです。

ヨハネは書いた。

ことば「つまり、イエス様」は人となって、私たちの間に住まわれた。(ヨハネ 1:14)

また、

しかし、「イエス様」を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。(ヨハネ 1:12)

だから、イエス様をむなしい言葉として考えないでください。イエス様を無視しないでください。あなたの命をイエス様に捧げてください。イエス様は命を与える人だからです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中