申命記27-30章 – 隠れていない、遠くかけ離れたものでもない

祝福と呪い。根本的に、それはこの箇所の内容です。神様が言ったのは、もし、イスラエル人が神様を愛し、従ったら神様が彼らを祝福するということです。でも、彼らが神様に背を向けたら、呪いが来ると言われた。この祝福と呪いはイスラエル人だけのためだったから、具体的に説明しません。でも、私たちが学ぶことがあると思います。

最初は、イスラエル人は、どんなに失敗しても、神様はいつも彼らと和解するように望んでいた。30章で、神様が言ったのは、罪によって、どんなに悪い状態になっても、神様が彼らと和解するように働くということです。神様は彼らの心の中に働き続くことを約束した。そして、その働きによって、彼らはもう一度、神様に戻って、愛して、従うようになる。

神様は私たちのためにもそうします。私たちが神様からどんなに遠く離れても、神様は私たちとの和解のために働きます。

二つ目は、神様の道は隠れていないことです。神様は私たちに何をして欲しいかはっきり言います。神様は私たちが知らない事のために罰しない。イスラエル人は神様の要求をよく知っていました。イスラエル人の敵でも、知っていました。神様は言いました。

24 すべての国々は言おう。「なぜ、はこの地に、このようなことをしたのか。この激しい燃える怒りは、なぜなのだ。」

25 人々は言おう。「それは、彼らの父祖の神、が彼らをエジプトの地から連れ出して、彼らと結ばれた契約を、彼らが捨て、(29:24-25)

そして、神様はイスラエル人に言った。

隠されていることは、私たちの神、のものである。しかし、現されたことは、永遠に、私たちと私たちの子孫のものであり、私たちがこのみおしえのすべてのことばを行うためである。 (29:29)

だから、イスラエル人が罪を犯したときに、言い訳がなかった。私たちも言い訳がない。

神様は自分の言葉を表した。でも、それだけではなくて、その言葉は私から遠くかけ離れたものでもない。

11 まことに、私が、きょう、あなたに命じるこの命令は、あなたにとってむずかしすぎるものではなく、遠くかけ離れたものでもない。

12 これは天にあるのではないから、「だれが、私たちのために天に上り、それを取って来て、私たちに聞かせて行わせようとするのか」と言わなくてもよい。

13 また、これは海のかなたにあるのではないから、「だれが、私たちのために海のかなたに渡り、それを取って来て、私たちに聞かせて行わせようとするのか」と言わなくてもよい。

14 まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行うことができる。(30:11-14)

「遠くかけ離れたものでもない」というのは、誰でも神様の御言葉が聞こえると言う意味です。でも、別の意味で、その言葉は、私から遠くかけ離れたものです。つまり、私たちは皆、神様の御言葉に完全に従うことができない。私たちは皆、罪を犯す。パウロが書いたように、神様の律法は私たちを神様の前に正しくできない。律法は私たちの罪を明らかにするだけです。

でも、パウロはこの申命記の箇所を通して、イエス・キリストを信じる信仰によって、神様が私たちを正しくすることを教えた。

6 しかし、信仰による義はこう言います。「あなたは心の中で、だれが天に上るだろうか、と言ってはいけない。」それはキリストを引き降ろすことです。

7 また、「だれが地の奥底に下るだろうか、と言ってはいけない。」それはキリストを死者の中から引き上げることなのです。

8 では、どう言っていますか。「みことばはあなたの近くにある。あなたの口にあり、あなたの心にある。」これは私たちの宣べ伝えている信仰のことばのことです。

9 なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われるからです。

10 人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。(ローマ10:6-10)

だから、私たちは、もはや自分の努力によって自分自身を正しくしようとしない。むしろ、イエス様の十字架の働きによって私たちは正しくなる。私たちがしなくてはならないのは信じるだけです。イエス様は言った。

あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。(ヨハネ6:29)

だから、私たちがモーセの言葉を読むときに、イスラエル人と違う感じがある。

モーセは言った。

19 あなたはいのちを選びなさい。あなたもあなたの子孫も生き、

20 あなたの神、を愛し、御声に聞き従い、主にすがるためだ。確かに主はあなたのいのちであり(ます)。(申命記30:19-20)

イスラエル人にとっては、その意味は神様の命令を従いなさいと言う意味です。でも、2000年前に、キリストを通して、神様は自分自身を私たちに表した。だから、今、命を選ぶのはイエス様を選ぶことです。だから、イエス様を選びましょう。イエス様は私たちの命だから。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中