申命記25章13-16 – 正直さ

去年、私は若い女の人と面白い会話をした。営業職の正直さについて話しました。そして、私は訊いた。

「もし二つの会社があなたの商品を買うために競争するけど、彼らの提示額低すぎたら、どうしますか。」

その人はこう答えた。「私はその二つの会社に「相手の会社がもっと高い値段を提示した」と言います。」

そして、私は訊いた。「もし、その二つの会社があなたの嘘が分かったらどうなるでしょうか。」

「多分、だめになる。二つの会社のどことも契約できない。」

「そして、あなたの上司がその嘘について聞いたら、どう反応するでしょうか。」

「全然気にしないと思うよ。すべての会社はそうするから。上司は「残念な状況だけど、ほかのクライアントを見つけられるから、大丈夫。」と言うはずです。」

その上司本当にそう思うかどうか分からないけど、神様はそんな考え方が大嫌いです。神様は言った。

13 あなたは袋に大小異なる重り石を持っていてはならない。

14 あなたは家に大小異なる枡をもっていてはならない。

15 あなたは完全に正しい重り石を持ち、完全に正しい枡を持っていなければならない。あなたの神、があなたに与えようとしておられる地で、あなたが長く生きるためである。

16 すべてこのようなことをなし、不正をする者を、あなたの神、は忌みきらわれる。

しかし、この世界には違う意見のある人がいる。時々、ビジネスの世界では嘘も方便であると考えられます。でも、そのビジネスの慣習に対して、一つのルールがある。もし嘘が明らかにされたらそれを認めなくてはなりません。

数年前に、雪印乳業が、多くの嘘をついて、その嘘が発見されたから、評判はダメになった。食中毒の問題があったけど、その会社は問題を隠そうとした。その後で、補助金を得るために、牛肉がどこから来たか嘘をついた。そして、バターの賞味期限を変えて、評判はもっとダメになった。

私たちは、「商売をやる以上嘘は仕方ない」と言ったら、そんな結果になってしまいます。

神様はそのような言い訳を受け入れない。ビジネスでも、個人的な関係でも、私たちが正直にすることを要求する。そうしないと、信頼関係が破れるし、あなたの評判を汚す。神様の民として、他の人が私たちの正直さを疑うことができないはずです。

パウロはこう書いた。

この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。(ローマ12:2)

職場でも、家でも、どこにいても、あなたはどれぐらい正直でしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中