申命記22章1-4 – でも、それは私の責任じゃないよ。

「でも、それは私の責任じゃないよ。」

それは昔からの言い訳です。カインでも、その言い訳を使った。神様がカインに、「あなたの弟のアベルはどこでしょうか」と尋ねたら、カインは答えた。

知りません。私は、自分の弟の番人なのでしょうか。(創世記4:9)

でも、神様はその答えを認めなかった。なぜならば、カインはアベルのために責任があったのに、アベルを殺したからです。

この箇所で、神様は私たちがお互いに対する責任を持っていると言います。神様は言った。

1 あなたの同族の者の牛または羊が迷っているのを見て、知らぬふりをしていてはならない。あなたは同族の者のところへそれを必ず連れ戻さなければならない。

2 もし同族の者が近くの者でなく、あなたはその人を知らないなら、それを自分の家に連れて来て、同族の者が捜している間、あなたのところに置いて、それを彼に返しなさい。

3 彼のろばについても同じようにしなければならない。彼の着物についても同じようにしなければならない。すべてあなたの同族の者がなくしたものを、あなたが見つけたなら、同じようにしなければならない。知らぬふりをしていることはできない。

4 あなたの同族の者のろば、または牛が道で倒れているのを見て、知らぬふりをしていてはならない。必ず、その者を助けて、それを起こさなければならない。

私たちの兄弟たちと姉妹たちが助けが要る時に、神様は「それは私の責任じゃない」という言い訳を許せない。神様はそれを私たちの責任にする。この箇所で、神様は私たちが周りの人々の持ち物を世話しなくてはならないと命令した。でも、その人自身も世話しなくてはならない。

ルカ10章で、イエス様の例え話で、サマリヤ人はその態度を取った。彼は隣人の必要を見た時に、その人をせっかく助けた。

どうして、神様はそう命令したでしょうか。なぜならば、神様は私たちのためにそうしたから。

ちょっと想像してください。私たちは罪に溺れているし、希望がないし、地獄の道を行っている。それを見るのに、イエス様は言います。「それは私の責任じゃないです。」

でも、イエス様はそう言わなかった。むしろ、イエス様は自分を卑しくして、天国を出て、人間になって、値しない私たちのために死んでくださいました。

イエス様が私たちのためにそうしたら、私たちはそうするべきじゃないでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中