申命記21章22ー23 ーー 私たちのために呪われた人

この箇所で、神様は犯罪者が殺された時に、その体をどうやって扱うか教えた。神様は言った。

22 もし、人が死刑に当たる罪を犯して殺され、あなたがこれを木につるすときは、

23 その死体を次の日まで木に残しておいてはならない。その日のうちに必ず埋葬しなければならない。木につるされた者は、神にのろわれた者だからである。

ガラテヤ人への手紙で、パウロはこの箇所を引用しました。

13 キリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と書いてあるからです。

14 このことは、アブラハムへの祝福が、キリスト・イエスによって異邦人に及ぶためであり、その結果、私たちが信仰によって約束の御霊を受けるためなのです。(ガラテヤ3:13ー14)

もちろん、キリストは自分自身の罪のために殺されていなかった。むしろ、私達の罪が赦されるために、イエス様は十字架で殺された。私たちの罪によって神様からの呪いが来たけど、イエス様はその呪いを受けて、十字架で私たちの罪のために支払った。

だから、私たちはもう呪われていない。むしろ、私たちは神様の祝福を待ち望む。

それは一番最高の贈り物でした。クリスマスの時に、私は「御使いうたいて」 という歌を歌うのが大好きです。

最近、歌手がその歌を歌うときに、2つ目のリフレインを歌わないけど、その歌詞がどうしてイエス様が来たか説明するから、私は大好きです。

釘と槍はイエス様を刺す。
イエス様は私達のために十字架を負う。
人間になった神様をほめよ!
マリヤの子。

イエス様、あなたは罪の呪いを受けて、また、私の罰を受けてくださったことを感謝します。あなたの身を刺した釘と槍のために感謝します。その釘と槍によって私は救われたから。あなたが2000年前に、この世に来た事によって、私は神様の祝福を受けられるので、感謝します。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中