申命記20章1-4 – 一人で戦っている?神様と一緒に戦っている?

スポーツで、大きい試合の前に、監督か選手はチームに激励演説をする。でも多分、祭司がチームに激励演説をすることはないと思う。

でも、神様は大きい戦争の前に、イスラエル人にそう命令しました。神様は言った。

2 あなたがたが戦いに臨む場合は、祭司は進み出て民に告げ、

3 彼らに言いなさい。「聞け。イスラエルよ。あなたがたは、きょう、敵と戦おうとしている。弱気になってはならない。恐れてはならない。うろたえてはならない。彼らのことでおじけてはならない。
4 共に行って、あなたがたのために、あなたがたの敵と戦い、勝利を得させてくださるのは、あなたがたの神、である。」

もし、誰かが軍隊に激励演説をするなら、その人は将軍などの地位があるはずです。でも、神様は祭司が話した方がいいと言いました。なぜでしょうか。

多分、一つの理由は、イスラエル人の力がどこから来るか思い出させるためです。私たちが大きい問題に直面するときに、本能的に私たちは最初は一人でやろうとします。私たちはその問題に自分の力で立ち向かいます。もし、私たちがそれに圧倒されたら、その時初めて、神様に向かって、「助けてください」と叫ぶ。私はよくそうする。

でも、神様は「最初から、私に焦点を当てなさい」と言います。また、神様は私たちに「一人で戦う必要がないことを思い出しなさい。私はあなたと共にいるし、私は勝利をあたえる」と言います。

あなたはどうですか。試練に直面するときに、神様を仰ぐでしょうか。神様の力を求めるでしょうか。もしくは、あなた自身に信頼するでしょうか。自分に焦点を当てると、その結果はプライドです。でも、圧倒されるときに、私たちのプライドは潰れて、私たちは恐れ始めます。プライドも恐れも悪いことです。

だから、あなたの人生が崩れる前に、神様を求めてください。毎日の初めに、神様を仰いでください。神様に信頼してください。そうすれば、神様にあって勝利を知ります。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中