申命記16章 ーー 祝い

年末に、多くの日本人は忘年会に行きます。ある日、私は女の人と話していて、その人は「今週、6つのパーティーに行くよ」と言いました。

多分、私は一年でも、6つのパーティーに行かないと思う。だから、ちょっとびっくりしました。

でも、年末とお正月は祝う時です。それは良いことです。

何回も、この箇所で、神様は言います。「喜びなさい。」日本語の聖書には見られないけど、英語の翻訳は何回も「祝いなさい」と書いてある。

クリスチャンはよく喜ぶ人であるべきです。それを思い出さなくてはならない。私たちは十年ぐらい、レモンを吸っている顔をしていたらダメです。

私たちは喜ぶべきです。何のために喜ぶべきでしょうか。

一つ目は、私達の救いのためです。ユダヤ人は過越の祭りを祝うときに、救いを思い出した。つまり、神様は彼らをエジプトから救いだした。エジプトで、彼らは奴隷でした。そして、たくさんの人が殺された。でも、神様は彼らを救いだした。

私達も、救われた。2千年前に、イエス様は赤ちゃんとして来て、人間になった。そして、十字架で私達の罪のために死なれて、蘇られて、死に打ち勝った。

だから、イエス様は言いました。

わたしが生きるので、あなたがたも生きるからです。(ヨハネ14:19)

2つ目は、神様の備えのために感謝する。収穫の時に、イスラエル人は神様の慈しみにあって喜びました。そのように私たちも神様の備えにあって喜ぶべきです。つまり、家族とか、友達とか、食べ物とか、家のために感謝する。

だから、どの状態でも、祝うことを覚えていてください。なぜならば、どの苦しみか悩みを経験しても、私たちは喜ぶこともあるからです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 申命記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中