申命記11章 – 神様から引き離すもの

目が見えない神様に従うことは時々難しいです。一つの理由は、私たちが見えるものに引かれるからです。

私たちは趣味に引かれる。彼か彼女に引かれる。お金か持ち物に引かれる。そのものに引かれるのは簡単です。なぜならば、私たちの目の前だからです。私たちは、それが見えるし、触れるから、すぐに満足するようになる。そのものは悪くないけど、時々、私たちにとっては、それが神様より大切になる。神様は、そう知っていたから、イスラエル人に言った。

気をつけなさい。あなたがたの心が迷い、横道にそれて、ほかの神々に仕え、それを拝むことがないように。(16節)

イスラエル人にとっては、「神々」というのは、周りの国々が礼拝した偶像でした。私たちにとっては、多分、神々がお金とか、力とか、セックスです。多くの人々は、それらによって、神様から引き離されます。使徒の時代も、そうでした。パウロはデマスという人について、こう書いた。

デマスは今の世を愛し、私を捨ててテサロニケに行ってしまいました。(第二テモテ4:10)

デマスは以前、パウロのミニストリーに参加した(コロサイ4:14;ピリピ1:24)。でも、結局、彼は心が迷い、横道にそれた。どうしてか分からない。お金かもしれない。持ち物が欲しかったかもしれない。でも、結局デマスはパウロを捨てたし、神様も捨てました。

私たちは気を付けないと、同じ事が起こるかもしれない。だから、モーセはイスラエル人に言った。

18 あなたがたは、私のことばを心とたましいに刻みつけ、それをしるしとして手に結びつけ、記章として額の上に置きなさい。

19 それをあなたがたの子どもたちに教えなさい。あなたが家に座っているときも、道を歩くときも、寝るときも、起きるときも、それを唱えるように。

20 これをあなたの家の門柱と門に書きしるしなさい。

21 それは、があなたがたの先祖たちに、与えると誓われた地で、あなたがたの日数と、あなたがたの子孫の日数が、天が地をおおう日数のように長くなるためである。

つまり、心と思いと魂の中で、神様を中心にするべきです。何をしても、どこに行っても、どこに居ても、あなたの人生に神様を中心するべきです。そして、あなたの子供にも、そう教えなくてはならない。そうすれば、私たちがこの世界によって、神様から引き離されることを阻む。

あなたは何を追いかけているでしょうか。誰を追いかけているでしょうか。この世界のものを中心しているでしょうか。もしくは全てよりも神様を中心としているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中