申命記9章 ーー とりなし

以前、「私がモーセなら、イスラエル人を導くことが耐えられない」と言った。多分、たくさんの牧師たちは人々を導くことがどんなに難しいか分かるので、モーセに同情する。

時々、モーセは腹がたった。時々、彼は本当にイライラさせられてしまった。でも、モーセはイスラエル人に対する愛を決して無くしていなかった。何回も、何回も、イスラエル人が罪を犯した時に、モーセは彼らのために祈った。何回も、何回も、神様が彼らを裁くように決めた時に、モーセは神様とイスラエル人の間に立って、神様の恵みと哀れみのために祈った。

クリスチャンのリーダーたちは、そのような心が必要です。でも、すべてのクリスチャンも周りの人に対して、そのような心が必要です。時々、人々は私達をイライラさせる。時々、人々は私達を怒らせる。時々、人々は私達を傷つける。そして、「神様。彼らをどうぞ裁いてください。彼らが値する罰を与えてください。私はもう耐えられない。」と祈るのは簡単です。

でも、モーセが値しない人々のために祈ったように、私達も同じ事をするべきです。多くの場合、相手の問題は、霊的な目が見えない。サタンは彼らの思いをくらませる。多くの場合、人々は自分自身の思いをくらませる。だから、彼らは私達をイライラさせたり、怒らせたり、傷つけたりします。

もちろん、彼らは神様の裁きに値する。でも、私達も神様の裁きに値する。そして、私たちが神様をイライラさせたり、怒らせたり、傷つけたりするのに、神様の哀れみを望むように、他の人のために同じ事を望まなくてはならない。神様が彼らの霊的な目を開かせるように祈るべきです。彼らが悔い改めて、神様が彼らを赦して、癒すように祈るべきです。

それは簡単なことじゃないです。でも、イエス様はそのような人でした。

9年ほど前に「パッション」という映画を見た。一つのシーンが印象に残った。イエス様は十字架にかけられた時に、山上の垂訓のフラッシュバックがあった。その時、イエス様は言った。

「自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め」と言われたのを、あなたがたは聞いています。しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。(マタイ5:43ー45)

十字架で、イエス様は自分自身の言葉に従った。イエス様を迫害して殺している人々のために祈った。

あなたはどうですか。あなたを怒らせる人のために祈るでしょうか。あなたをイライラさせる人のために祈るでしょうか。あなたを傷つける人のために祈るでしょうか。彼らに対して、神様の哀れみのために祈るでしょうか。

神様、時々、人々のために祈ることは難しいです。私を傷つけるから。私をイライラさせたり、怒らせたりするから。で、私は本当に飽きる。あなたが彼らを裁くように希望する。でも、あなたが私に哀れみを与えたように、私が彼らに哀れみを与えるように助けて下さい。彼らの目を開いてください。彼らが悔い改めるように助けて下さい。彼らがあなたの哀れみを知るように祈ります。そして、私の心を変えてください。あなたの哀れみ深い心を与えてください。あなたの心を私に与えてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中