申命記4章32ー40 ーー 信仰のスターティング・ポイント

私にとっては、この箇所の言葉が印象に残っている。

きょう、あなたは、上は天、下は地において、だけが神であり、ほかに神はないことを知り、心を留めなさい。(39節)

これは、信仰のスターティング・ポイントです。その言葉を告白するだけで、信仰は完全になったわけじゃないですけど、その告白が信仰の始まりです。つまり、神様が存在することを告白するのは信仰の始まりです。

ヘブル11:6で、こう書いてあります。

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。

これが信仰のスターティング・ポイントだけど、神様が存在することを信じるだけでは足りない。他に神がないことも信じなくてはならない。仏陀が神様だと信じたらダメです。アッラーが神様の名前だと信じたらダメです。神様が自分自身を表したように、私たちは信じなくてはならない。

皆さんは象と盲人たちの話を聞いたことがあるかもしれない。ある盲人は象の鼻に触って、「象は蛇みたいです」と言った。

もう一人の盲人は象の足に触って、「いいえ、違います。象は木の幹みたいです」と言った。

全ての盲人は象の違う部分に触ったので、違う意見があった。この話の教えは、その盲人たちが、それぞれはちょっとずつ正しかったけど、結局、間違った。真実がちょっと分かったけど、完全に分からなかった。宗教は同じです。すべての宗教は神様についての真実がちょっと分かっている。すべての宗教は神様ついて、いろんな考え方がある。全ての宗教はちょっと正しくて、ちょっと間違っているけど、同じ神様について教えます。

でも、この話は問題があります。その盲人たちが間違った理由は、象が話せなかったからです。象は、「違う、違う。あなた達は間違っている。私はこういう動物です。」と言えなかった。

しかし、神様はイスラエル人に自分自身を表した。彼らは推測する必要がなかった。

神様は言った。

32 さあ、あなたより前の過ぎ去った時代に尋ねてみるがよい。神が地上に人を造られた日からこのかた、天のこの果てからかの果てまでに、これほど偉大なことが起こったであろうか。このようなことが聞かれたであろうか。

33 あなたのように、火の中から語られる神の声を聞いて、なお生きていた民があっただろうか。

34 あるいは、あなたがたの神、が、エジプトにおいてあなたの目の前で、あなたがたのためになさったように、試みと、しるしと、不思議と、戦いと、力強い御手と、伸べられた腕と、恐ろしい力とをもって、一つの国民を他の国民の中から取って、あえてご自身のものとされた神があったであろうか。

35 あなたにこのことが示されたのは、だけが神であって、ほかには神はないことを、あなたが知るためであった。

36 主はあなたを訓練するため、天から御声を聞かせ、地の上では、大きい火を見させた。その火の中からあなたは、みことばを聞いた。

37 主は、あなたの先祖たちを愛して、その後の子孫を選んでおられたので、主ご自身が大いなる力をもって、あなたをエジプトから連れ出した。

38 それはあなたよりも大きく、強い国々を、あなたの前から追い払い、あなたを彼らの地に入らせ、これを相続地としてあなたに与えるためであった。今日のとおりである。

神様が自分自身を表したから、イスラエル人には言い訳がなかった。神様ははっきりと、自分自身を説明した。だから、神様は言った。「私だけが神であり、ほかに神はないことを認めなさい。」

神様は私達に同じ事を言う。「私を信じない理由はないです。あなたは私について間違ったイメージを持つ理由がないです。私は聖書で自分自身を表したから。」

私たちが自分自身に訊かなくてはならないのは、神様を信じるかどうかということです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中