申命記4章25-31 – 私たちを決して捨てない神

「私は、あまり良いクリスチャンじゃないです。私は何回も失敗する。神様は私をあきらめるでしょうか。神様は私を捨てるでしょうか。」

たくさんのクリスチャンがその質問を訊きます。

また、「私は大失敗でした。私は自分の道を行って、神様から離れたから、私の人生はめちゃくちゃになった。神様は、もう一度私を受け入れるでしょうか。私を赦せるでしょうか。」と訊きます。

この箇所で、その答えを見つけると思う。神様はイスラエル人が神様に背を向けて、偶像礼拝し始めたら、何が起こるか警告した。つまり、彼らが追放されて、その時、「見ることも、聞くこともせず、食べることも、かぐこともしない木や石の神々に仕える」と言っていました。」(28節)

そして、イスラエル人はその神々が無力であることを分かるようになる。なぜならば、その神々はイスラエル人を助けることができないからです。

でも、29-31節で、神様は言った。

そこから、あなたがたは、あなたの神、を慕い求め、主に会う。あなたが、心を尽くし、精神を尽くして切に求めるようになるからである。あなたの苦しみのうちにあって、これらすべてのことが後の日に、あなたに臨むなら、あなたは、あなたの神、に立ち返り、御声に聞き従うのである。 あなたの神、は、あわれみ深い神であるから、あなたを捨てず、あなたを滅ぼさず、あなたの先祖たちに誓った契約を忘れない。  

パウロも書いた。

私たちは真実でなくても、彼は常に真実である。彼にはご自身を否むことができないからである。(第二テモテ2:13)

神様はイスラエル人に約束した。「あなたたちは私の民になり、私はあなたの神になる。」(レビ記26:12)

イスラエル人が何回も神様に背を向けても、神様はいつも彼らが戻ることを待ちました。そして、戻った時に、神様はいつも喜んで受け入れました。

神様は私たちのためにも、そうします。私たちが大失敗しても、私たちの人生がどんなにめちゃくちゃになっても、神様は待っている。そして、心と精神を尽くして、神様に求めると、神様を見つける。

あなたは失敗しましたか。あなたの人生はめちゃくちゃでしょうか。神様に向かって下さい。神様は、あなたのために待っているからです。

神様、あなたの恵みのために感謝します。私は大失敗しても、私を赦して、受け入れることを感謝します。私は真実じゃなくても、あなたはいつも真実であることを感謝します。あなたの決して変わらない約束を思い出して、感謝します。あなたは決して私を捨てないことを感謝します。あなたの愛で私が歩み続けるように助けてください。アーメン

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中