申命記3章21ー29ーー 神様がノーと答える時に

私の父は一年前に亡くなった。その後で、私の家族は父について、いろんなことを思い出して、話した。2003年に、私の父は事故にあって目が見えなくなった。その後で、私と話した時に、父はこう言った。

神様と話し始めた。でも、私だけが話したから、神様の声が聞こえなかった。そして、この聖書の箇所を思い出した。「やめよ。わたしこそ神であることを知れ。」

だから、私は黙って、神様に聞き始めた。その日曜日の晩、神様の声を聞いた。そして、次の朝、私が聞いたことをリアン(私の母)に伝えた。それは、皆が奇跡のために祈っている。つまり、私の目が見えるように祈っている。でも、神様は私に言った。「私はその奇跡が出来るけど、私はそうしてあげない。むしろ、もっと素晴らしい賜物を上げる。愛と情けと哀れみが満ちる心をあげる。」

父が亡くなるまで、目は癒されることがなかった。でも、神様が約束した通りに、新しい心をもらいました。

この箇所で、モーセも神様のノーを聞いた。メリバという所で、モーセは罪を犯したから、神様は言った。「あなたは私が約束した土地に入らない。」(民数記20章)

それでも、モーセは神様に懇願した。「私があなたが約束した土地に入らせてください。」

しかし、神様は答えた。「もう十分だ。このことについては、もう二度とわたしに言ってはならない。」(26節)

モーセはどう反応しましたか。彼は拗ねたか。彼は文句を言ったか。「それなら、あなたに、もう従わない」と言っていたか?違います。

むしろ、忠実に神様に仕え続けました。そして、次のイスラエルのリーダー、ヨシュアを訓練した。

「もし、十分の信仰があれば、あなたが神様に何かを頼むと、神様はいつも「イエス」と答えなくてはならない」と教える人がいる。でも、ここで神様はその意見に反論する。

時々、神様は自分の理由によって、私たちの願いを拒絶する。モーセの場合、モーセの罪によって、神様はその願いを拒絶した。私の父の場合、神様はもっと素晴らしい奇跡を行いたかった。つまり、新しい心を与えたかった。

私達が自分に聞かなくてはならないのは、「神様がノーと答えたら、私はどう反応するでしょうか。」ということです。

私はモーセと私の父のように反応したいです。その二人はがっかりしてしまった。私の父は目が見えるようになりたかった。モーセは神様が約束した土地に入りたかった。でも、神様がノーと答えても、彼らは神様に忠実に仕え続けました。

神様、モーセの話を感謝します。私の父の話を感謝します。時々、どうして、あなたがノーと答えるか、私は分からない。でも、あなたの方法は一番ベストであることを信じます。あなたがイエスと言ってもノーと言っても私がいつも忠実に仕え続けることを助けて下さい。アーメン

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: モーセ五書, 申命記, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中